吉川市社協ブログ

yoshisya.exblog.jp
ブログトップ

タグ:地域福祉 ( 4 ) タグの人気記事

~自分も相手も大切にする~ コミュニケーション講座

平成27年を迎え、初めての投稿になります001.gif
今年もなるべく更新!を目指して頑張ります066.gifよろしくお願いします053.gif

さて、最初は2月に開催する講座のご案内です。


~自分も相手も大切にする~ コミュニケーション講座

この講座を企画した経緯を少しお話させてください。

ボランティア活動、サロン活動、自治会活動・・・さまざまな活動がありますが、
その活動を続けていく中でやりがいを感じると、楽しくなり、もっと頑張ろう!と思うことでしょう。
そして、想いをもって活動をするからこそ、どんどん人との繋がりが増えて、
様々な考えを持つ方と関わることになるのではないでしょうか。

そこで、ふとした瞬間に、自分の想いが相手に上手く伝わらず、苦しい気持ちになったり、
意志疎通にズレが生じて、「そんなつもりで言ったわけではないのに・・・」「なぜ分かってもらえないの?」
という感情から、活動が前よりも「つまらないな」「こんなはずではなかったのに」と思ってしまったり・・・
そんな経験はありませんか?

実際に、ボランティアセンターにも、個人・団体・グループに関わらず、コミュニケーションのもどかしさ
に関する相談があります。
相談・・・と書いてしまいましたが、お話される方としては「ちょっと聞いてほしい」という感覚だと思います。

こういった話を聞いて、みなさんが地域で楽しく・いきいきと活動を続けるための一つの手段として
自分の想いも相手の想いも大切にしながら、互いの考えを伝えあう方法を知ることができる講座を
開催したい・・・と思いから、2月の実施に繋がりました。

現在、コミュニケーションのことで悩みがある方も、そうでない方も、ぜひご参加ください!
みなさんからの申し込み、お待ちしています♪

*************************************

日  時 平成27年2月19日(木) 10:00~12:00
場  所 吉川市中央公民館 301・302 (吉川市保577)
定  員 50人(申込み先着順)
対  象 ボランティア・市民活動に関わる方、ボランティアに関心のある方なら、
      どなたでもご参加になれます。
講  師 特定非営利活動法人 埼玉カウンセリングセンター
      代表理事 高倉 恵子 氏
参 加 費 無料
申込方法 吉川市ボランティアセンターへ、電話・FAX・メールいずれかの方法で
       ①名前 ②年代 ③性別 ④電話番号 ⑤どこでこの学習会を知ったか
       ⑥在住地区 ⑦ボランティア活動経験の有無
       をお伝えのうえ、お申し込みください。
問合せ・申込先 吉川市ボランティアセンター
           ☎・FAX 048-981-7559
           メール vola@yoshikawashakyo.or.jp

◆講座チラシ◆
c0153906_11445289.png

c0153906_11451449.png

[PR]
by yoshikawashakyo | 2015-01-16 11:49 | 講座・研修情報 | Comments(0)

声で楽しむものがたり

またまた、久々の更新となってしまいました・・・008.gif
前回が5月でしたので、梅雨明けし、夏休みも終わり、9月に突入してしまいましたね005.gifワォ

今日は、夏の思い出を少し振り返ってお知らせしたいと思います053.gif


8月30日(土)に、市民交流センターおあしすにて、
吉川市ボランティアセンター登録団体の「朗読サークル きんもくせい」
吉川市立図書館と共催で『声で楽しむものがたり』を開催しました♪
吉川市社会福祉協議会は、後援という形でこの事業に関わらせていただきました。

c0153906_16451267.jpg


「きんもくせい」は、視力に障がいがある方が、少しでも多くの希望を持ち、
前向きな生活が送れるように・・・と、「広報」「議会だより」「社協だより」などの
音訳テープを作成したり、希望があれば対面朗読も行っているボランティア団体です。

今年は、団体設立30周年記念も兼ねての朗読会です。
※厳密にいうと31周年だそうです。東京ディズニーランドと一緒ですね037.gif

メンバーのみなさんは、この朗読会に向け、1年以上の練習をされたそうです038.gif072.gif
普段行っている「音訳」と、今回の「朗読」は読み方のポイントも違うんですって!
言われてみれば「なるほど~。そうだよな~。」と納得です。
情報を提供する「音訳」。情景・内容を声で表し伝える「朗読」。結構な違いがありそうですよね。

当日、わくわくしながら会場に行くと、満員御礼!
いざ、朗読が始まると会場全体が一気に本の世界に引き込まれていく様子が分かりました。

映像があるわけでもないのに、目の前に広がってくる情景に「感動!!!」の一言053.gif053.gif053.gif
会場からは、ものがたりの内容に合わせて自然と笑い声や
「ほぉ~~~!」「わぁ!」などの相槌が起こっていました。

全てのプログラムが終わると、「きんもくせい」メンバーが壇上へ。
「きんもくせい」のみなさんに贈られた、大きな拍手が、
朗読の素晴らしさ・成功を物語っていました016.gif

c0153906_17112756.jpg


今後も、その素敵な「声」で活躍なさってください060.gif
40周年(!?)も、楽しみにしています~~~~071.gif

そして、このBLOGをご覧になって
「うわぁ!!!興味あるわ!!」「私もやってみたい!」「見学だけしてみたい!」
などなど思った方は、お気軽に吉川市ボランティアセンター(048-981-7559)まで
お問い合わせくださいネ058.gif
[PR]
by yoshikawashakyo | 2014-09-02 17:14 | ボランティア | Comments(0)

Canonのインク、ありま~す(*^∀^*)ノ☆

じゃじゃじゃじゃーーんっっ003.gif
c0153906_13555093.jpg


ご存知の方が多いかもしれませんが、
吉川市社会福祉協議会・吉川市ボランティアセンターでは、
使用済みの切手・CanonとEPSONの純正インクジェットカートリッジ・プリペイドカード、
書き損じはがきの回収を行っています。

多くの方が、使用済み切手・インク・はがき・カードの回収に
ご協力くださっていることに感謝の日々です(*^^*)
中には、未使用のものを一緒にお持ちくださる方もいらっしゃいます。

今回、民生委員さんが使用済み切手と一緒に、たくさんの未使用インクを
持ち込んでくださいました!!!(Canonです)

ストックとして買っていたインクが、
プリンターを変えたため使えなくなってしまったそうで、
「勿体ないので、使える人に差し上げてください。」
とお預かりしました。

吉川市ボランティアセンターに置いてありますので、
写真に写っているインクが使用できる機械をお持ちの方は
お気軽にお越しくださいね(*^ω^*)☆


ち・な・み・に・・・。

市民のみなさまからお預かりした使用済み切手・インクジェット・書き損じはがきは、
毎月一回、切手整理活動日にボランティアの方々のご協力により整理され、
埼玉県深谷市にある養護盲老人ホーム「ひとみ園」に送っています。

※切手整理活動日は「ぼらんてぃあだより!」に掲載しているので、
  Check☆してみてください^^
  次回は2月6日(木)10:00~11:45です♪


プリペイドカードは、換金して吉川市の福祉活動に、活用しています043.gif


[PR]
by yoshikawashakyo | 2014-01-27 15:09 | ご案内 | Comments(0)

平成25年度 地域福祉活動に関する研修

埼玉県社会福祉協議会より、地域福祉活動に関する研修のご案内です。


 この研修は、地域におけるさまざまな「福祉課題」を取り上げ、その課題に対応できる
基本的知識やスキルを習得することを目的としています。

 今年度は、「発達障害の基本理解と支援について」「不登校、ひきこもりを考える」
の2部構成で開催します。


 第1部では、周囲が個々の発達のしかたを理解し適切な支援ができるための基礎
知識を学び、発達障害と不登校は関係が深いこともあり、第2部では、次男が不登校
になったのをきっかけに「いつでもあなたを愛している」を出版したマンガ家の石井幸子氏に
「不登校、引きこもりを考える」と題して実体験を通して親の思いを語っていただきます。


主 催
社会福祉法人埼玉県社会福祉協議会(埼玉県社会福祉総合センター指定管理業務)

対 象 者
市町村社会福祉協議会、障害施設、児童施設、ボランティアグループ、
民生委員・児童委員等地域福祉活動に携わる者

定 員
80名(先着順)

日 程 ・ 会 場
平成26年2月25日(火)
彩の国すこやかプラザ2階セミナーホール(さいたま市浦和区針ヶ谷4-2-65)

講 師
第1部:埼玉県発達障害者支援センター「まほろば」センター長 藤平俊幸 氏
      ※同センターは、発達障害者支援法において都道府県単位で指定された施設
        であり発達障害に関する相談支援、啓発および研修に取り組んでいる。
第2部:不登校の子居場所世話人、学校に行かない子を持つ親の会主催
     マンガ家 石井幸子(本名:宮田幸子) 氏
      ※次男が不登校になったことをきっかけに「いつでもあなたを愛している」を出版。
        また、「吉川学校に行かない子を持つ親の会」を立ち上げた。
        ご自身の経験から学んだことを全国各地で講演し大きな感動を呼んでいる。

参 加 費
2,000円  ※研修当日に、会場受付でつり銭のないようにお支払いください。

持 参 品
筆記用具、昼食(希望者には当日業者が550円で弁当販売をします。)

研 修 内 容 及 び ス ケ ジ ュ ー ル
 9:20~ 9:50 受付
 9:50~10:00 オリエンテーション
10:00~14:00 【第1部】「発達障害の基本的理解と支援について」
             昼食休憩:12:00~13:00
14:10~16:00 【第2部】「不登校・ひきこもりを考える」

申 込 方 法(研修申込はメールを推奨しています。)
(1) メールによる申込方法(Email:fukushi-saitama.or.jp)
① 件名に「平成25年度地域福祉活動に関する研修」と入力してください。
② 申込様式に必要事項を入力し、データを添付するか、本文に申込様式の項目
  (①市町村名 ②法人名 ③施設名 ④施設種別 ⑤連絡担当者名 ⑥電話番号
   ⑦参加者氏名 ⑧職名)を入力し申込先アドレスまで送信してください。
   本会より受信確認のメールを返信します。
※メール送信後3日経っても返信がない場合は、ご連絡ください。
※データは本会HPよりダウンロードできます。 コチラ!
(2) FAXによる申込方法
申込様式に必要事項を記入し、(048-825-9185)まで送信してください。
※FAX到達確認の電話は不要です。送信エラーになっていないかを必ず確認してください。

申 込 期 間
平成26年1月24日(金)午前9時~2月7日(金)午後5時

※先着順となりますので定員に達し次第、申込みを締め切らせて頂きます。
 その場合、本会ホームページでお知らせします。
 受講決定は行いません。お断りする場合のみ本会から連絡します。

申 込 ・ 問 い 合 わ せ 先
〒330-8529
さいたま市浦和区針ヶ谷4-2-65 彩の国すこやかプラザ3階
埼玉県社会福祉協議会 研修開発部 福祉研修センター(担当:荒井・小坂)
TEL:048-822-1191
[PR]
by yoshikawashakyo | 2014-01-15 16:52 | 講座・研修情報 | Comments(0)