「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ボランティア ( 21 ) タグの人気記事

 

『今こそ おつき合い革命!』を開催しました

9月4日(日)、住民流福祉総合研究所 所長の木原孝久氏を講師としてお迎えして、
『今こそ おつき合い革命!』を開催しました。

“ボランティア学習会”と“地域支援担い手養成研修(第1回目)”のコラボ講座ですemoticon-0105-wink.gif

これからの地域を牽引していく、頼もしい106人の方々に参加いただけました(*^_^*)

c0153906_1115471.jpg


『おつき合い革命』・・・。
革命とは一体どういうことなのだろう?今までのご近所付き合いではダメってこと?
そんな疑問の声が聞こえてきそうですね。

日本人は、「困っている人がいたら助けたい」という方がとても多いです。
しかし、昔から「他人に迷惑をかけないように」と言われていることもあり、
自分が困った状況になったとき、自ら「SOS!」「助けて!」「困ってるの」言える人は、
少ないのではないでしょうか。

また、お節介するのはよくないという風潮があるために、
「助けて」と言われてないのに手を出すのは・・・と遠慮してしまう方も
一定数いるように見受けられます。

そんな「THE日本人」に木原先生はメスを入れ、全国の事例を挙げながら、
楽しく分かりやすく、今後のご近所付き合いをどうしていったら良いのか、
私たちが主役の『住民流地域福祉』をどう作っていったら良いのかをお話しくださいました。

c0153906_1244767.jpg


最初は、「おつき合い上手テスト」から始まり、現在の考え方や意識を
○×形式で浮き彫りにしていきます。
このテストは、木原先生の所属である住民流福祉総合研究所にアップされていますので、
是非、ご覧になってください。

参加者の方からは、
◆今までの助け合い・おつき合いの「問題」「理由」がよく分かりました。
 常識が助け合いを邪魔していたと気づかされました。
 助ける側と助けられる側、両方の意識改革が必要ですね。
◆先生のお話を聞いて、近所付き合いの革命を思いついたので、実行に移したい!
◆家族に認知症の者がいるが、周り(近所)には「なんとなく知っているだろう」で
 はっきり言っていなかったが、今回の話を聞いて、きちんと周りには
 認知症の家族がいると言っておこうと思った。
 「助けて!」の時のために。
などの感想を多くいただきました。

この講演で得たことを活かして、パワーアップした住民力で
誰もが住みやすい吉川を創っていっていただきたいと思いました(*´▽`*)


今回のコラボ企画。ボランティア学習会は単発講座ですが、
地域支援担い手養成研修は、全7回の連続講座です。
研修の申し込みは、うれしいことに定員を大幅に超える申し込みがあったため、受付終了していますが、
第6回目は、今回と同様に公開講座となっており、現在参加者募集中です♥

落語家の桂ひな太郎師匠をお迎えして、『落語で知ろう成年後見制度』を、
弁護士の小澤裕也氏には『成年後見制度の概要』をお話しいただきます。

みなさまからの申し込み、お待ちしておりますemoticon-0171-star.gif
是非、下記申込先へご連絡ください!

【申込先】
吉川市社会福祉協議会
☎048-981-8750
FAX 048-981-8719

[PR]

by yoshikawashakyo | 2016-09-15 13:28 | 報告 | Comments(0)  

熊本地震 災害ボランティアセンター開設情報

平成28年度熊本地震の被災者支援のため、災害ボランティアセンターの開設・準備が進められています。

被災者のニーズを集約する作業を実施しながら、余震に注意を払いつつ、
ボランティア活動をされる方の安全面等を考慮し、センターを設置運営できる環境が少しでも早く整い、
開設できるよう、現地社協では準備等進められています。

以下、災害ボランティアセンター開設情報を掲載しますが、「現地で活動したい」とお考えの方は、
必ず自身の地元でボランティア活動保険【天災タイプ】に加入してください。

また、災害ボランティア活動がはじめての方も、何度も活動している方も、
熊本県社会福祉協議会の「被災地でのボランティア活動に参加したいと考えている“あなた”へ」
お読みになってください。


*******以下、災害ボランティアセンター開設情報*******

熊本市社会福祉協議会Facebook
4月22日(金)開設予定
※県内・県外問わず受け入れ

菊池市社会福祉協議会
※4月19日(火)開設済
※事前登録済の九州在住者のみの受け入れ

宇土市社会福祉協議会
熊本県内の方のみ受け入れ

益城町社会福祉協議会Facebook
開設準備中

また、益城町以外の以下の市町村でも、ボランティアによる支援のための準備が進められています。
・宇城市 ・阿蘇市 ・合志市 ・御船町 ・菊陽町 ・南阿蘇村
・西原村 ・甲佐町 ・嘉島町
[PR]

by yoshikawashakyo | 2016-04-20 10:40 | 災害 | Comments(0)  

平成28年熊本地震について

現地では、災害ボランティアセンターの開設準備をしていますが、
倒壊した家屋に残された住民の人命救助が行われており、緊急支援車両の確保が重要となっていることと、
断続的に続く余震により2次災害の危険が考えられるため、現在ボランティア受け入れは行っておりません。


「何かせずにはいられない!」
「辛い思いをしている人がいると知って、何もできないのはもどかしい」
「少しでも力になりたい!!どんな方法があるのだろう。」


落ち着かない心を抱えて、過ごされている方も多くいらっしゃることでしょう。
その気持ちは、現地の方々にとって大変有り難く、うれしいものだと思いますが、
今はまだ、現地に行って想いを発揮する段階ではありません。

「すぐ動き出したい!」という衝動がもし襲ってきたら、今はグッとこらえ、
現地のためにも今後の復旧・復興のためにも、想い情報を蓄えていただきたく思います。

余震が落ち着き、被害状況・ニーズ把握、ボランティア受け入れ体制が整ったら
現地から新たな情報が発信されることと思います。

今できることをしながら、その時に力が発揮できるよう、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

*********以下、熊本地震情報リンク*********

◆被災地支援・災害ボランティア

熊本地震特設サイト

全社協 被災地支援・災害ボランティア情報


◆寄付について

平成28年熊本地震 災害義援金の募集について(赤い羽根共同募金)

「平成28年熊本地震」緊急募金(Yahoo!基金)

平成28年熊本地震災害義援金(日本赤十字社)

平成28年熊本地震への支援(日本財団)

参考:支援金と義援金の違い(日本財団)


◆被害状況

内閣府ホームページ(被害状況詳細)

熊本県庁(県内被害状況)

大分県庁(県内被害状況)
[PR]

by yoshikawashakyo | 2016-04-18 12:18 | 災害 | Comments(0)  

【~HUG(ハグ)~ 避難所運営ゲーム】を開催します!

今年も残りあと18日です。
一年がアッという間に過ぎてしまった!と感じるのは歳のせいでしょうか?emoticon-0122-itwasntme.gif
・・・いや、きっと歳のせいだけではないですね。
日々、夢中になることがあり、充実した毎日だったからでしょう(*^^*)♪

みなさんは、どんな2015年でしたか?emoticon-0100-smile.gif
また、2016年はどんな一年にしたいですか?emoticon-0142-happy.gif

『2016年は、新しいことがしてみたい!』

そんな方にピッタリの学習会がありますemoticon-0155-flower.gif
それは、今回の記事のタイトルにもなっている
【~HUG~ だれも排除しない避難所運営ゲーム】
です!!!

この「~HUG(ハグ)~」とは、静岡県が避難所運営をみんなで考えるために
開発したカードゲームです。

避難者の年齢や性別、国籍やそれぞれが抱える事情が書かれたカードを、
避難所の体育館や教室に見立てた平面図に、どれだけ適切に配置できるか、
また、避難所で起こる様々な出来事にどう対処していくかを模擬体験するゲームです。

HUGは、H(hinannyo避難所)、U(unnei運営)、G(gameゲーム)の頭文字を
取ったもので、英語で「抱きしめる」という意味ですemoticon-0152-heart.gif

避難者を優しく受け入れる避難所のイメージと重ね合わせて名付けられています。

不特定多数の人が、共同生活を突然はじめるという状況が避難所生活です。
その時に、みんなで協力し合ってなるべく快適な避難所生活をしていくには、
どのようにすれば良いのでしょうか・・・。
混乱を避けるためにも、避難所のルール作りは大切ですが、そのルールが
誰かを排除する結果にならないよう、この学習会では【~HUG(ハグ)~】を使って
運営者側となり、「みんなが気持ちよく過ごせる場づくり」について考え、
平時からのつながりの大切さを再確認しながら、いざという時にも役立てていただけたら・・・・
という想いから開催します♪

中学生・高校生・学生のみなさんの参加も待っていますemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0171-star.gif
行政職員の方も是非!!!!!!!

****以下、詳細****(ホームページからも確認できます)

日 時 2月6日(土) 13:30~16:00
場 所 吉川市中央公民館301・302
    ※開催日は、会場で様々なイベントが行われているため、駐車場の空きがない
     可能性があります。
     なるべく公共交通機関をご利用いただくか、お知り合いの方と乗合していただく
     など、ご協力をお願いいたします。
定 員 40人(申込順)
参加費 無料
対 象 ボランティア・市民活動に関心のある方、民生委員、自治会長
     行政職員、地域に関心のある方、災害時の動きについて考えたい方
講 師 埼玉県防災士会
申込・問合せ 来所・電話・FAX・メールいずれかの方法で、
         ①名前 ②性別 ③年代 ④住所・電話番号 ⑤この企画を何で知ったか
         ⑥ボランティア活動経験の有無(有りの方は内容も)
         以上6点をお知らせの上、吉川市ボランティアセンターへお申込ください。
         吉川市ボランティアセンター
         ☎・FAX:048-981-7559
         メール:vola@yoshikawashakyo.or.jp
[PR]

by yoshikawashakyo | 2015-12-14 10:52 | 講座・研修情報 | Comments(0)  

今年は吉川点字サークル「てん点」がシラコバト賞を受賞しました♪

毎年、11月14日の埼玉県民の日は、シラコバト賞の授賞式がありますemoticon-0142-happy.gif

c0153906_151243100.jpg


シラコバト賞とは、日ごろ、身近なところで、住み良い地域社会の実現のために、
長年にわたって着実な実践活動を続けている個人・団体に対し、感謝の気持ちに代えて
贈られる賞です。

タイトルにもあるとおり平成27年度は、吉川市ボランティアセンター登録団体の
吉川点字サークル「てん点」が受賞しましたemoticon-0137-clapping.gif

「てん点」は、点字を通して、視覚障がい当事者の生活向上のため、点字・触読教室や
点訳者の育成と勉強会を開催しています。
また、点字を地域に広め、視覚障がい者への理解を深めてもらうため、点訳書の作成・配布、
地域の小中学校の福祉学習支援も行っています。

サークル創立の平成17年から、想いのある地域に根ざした活動を続けてきたことが
今回の受賞に結びついたのでしょう。まさに、継続は力なり!ですね。

受賞直後の嬉しい瞬間を、撮影させていただきましたemoticon-0155-flower.gif
埼玉県のマスコット「コバトン」、新しく誕生したキャラクターの「さいたまっち」と一緒パシャリemoticon-0171-star.gif

c0153906_15203427.jpg


今後も、想いを大切にした活動を続けていってください。吉川市ボランティアセンターも応援しておりますemoticon-0159-music.gif

また、点字に興味ある方、「てん点」について知りたい方は、お気軽に
吉川市ボランティアセンター(☎048-981-7559)へお問い合わせくださいねemoticon-0105-wink.gif
[PR]

by yoshikawashakyo | 2015-11-16 15:35 | ボランティア | Comments(0)  

「災害ボランティアワゴン」を運行しました!

 10月23日(金)、台風18号により大雨災害を受けた茨城県常総市への支援活動として、
災害ボランティアワゴンを運行しました。

 運行日が平日かつ、周知期間が短く急だったことで、当初の募集人数である10人には
届きませんでしたが、3人の市民の方にご参加いただけました。ありがとうございます。

「災害ボランティア活動がしたいけれど、経験がないから不安・・・」
「交通手段がない」
「一人で現地へ行くのは勇気がいる」
など、被災地へ行きたいと思っている方を応援したい!という想いと、
発災から一か月が経ち、土日祝日ですらボランティア活動者が減ってしまった今、
平日のニーズ対応に少しでも力になれれば・・・という想いから運行しました。

 活動内容は、床上浸水したお宅の泥ふき。
 水害の泥は粒子が細かく、何度拭いても乾いたら泥が浮き上がってくるため、
地道な作業が続きます。

 家主の方は3人の活動している姿を見て
「見ず知らずの方がこうやって助けになってくれるなんて、本当にありがたい。
 ボランティアさんのおかげで、少しでも早く我が家に戻れることもうれしい。
 もし今後、何か災害が起こってしまったら、今度が私たちがボランティアに行きます!!」
と涙を流されていました。

c0153906_1535672.jpg

活動を終えた参加者の姿です。お疲れ様でした。

 吉川市ボランティアセンターでは、今後も被災した各地域への支援活動へ前向きに
取り組んでいきたいと思います。
 被災された地域の一日も早い復興をお祈りするとともに、市民の皆様のご協力・ご支援も
引き続きよろしくお願い致します。

 このブログを読んでいただいた方で、「常総市へボランティアに行ってみようかな?」
と思われた方は、現地の最新情報(下記リンク)をよくご確認の上、ぜひ活動に参加してみてください。

常総市災害ボランティアセンター⇒http://joso.vc/
常総市災害ボランティアセンター【Facebook】⇒https://www.facebook.com/josovcenter

 ボランティア保険加入についてや、活動前に少し不安で聞いてみたいことがあるなど、
「現地に確認するのはちょっと・・・」という些細な内容は、吉川市ボランティアセンターへ
お気軽にご相談ください!
 常総市以外の災害ボランティア活動についてお知りになりたい方も、お気軽にお問い合わせください。
[PR]

by yoshikawashakyo | 2015-11-09 15:49 | 報告 | Comments(0)  

~自分も相手も大切にする~ コミュニケーション講座

平成27年を迎え、初めての投稿になりますemoticon-0100-smile.gif
今年もなるべく更新!を目指して頑張りますemoticon-0165-muscle.gifよろしくお願いしますemoticon-0152-heart.gif

さて、最初は2月に開催する講座のご案内です。


~自分も相手も大切にする~ コミュニケーション講座

この講座を企画した経緯を少しお話させてください。

ボランティア活動、サロン活動、自治会活動・・・さまざまな活動がありますが、
その活動を続けていく中でやりがいを感じると、楽しくなり、もっと頑張ろう!と思うことでしょう。
そして、想いをもって活動をするからこそ、どんどん人との繋がりが増えて、
様々な考えを持つ方と関わることになるのではないでしょうか。

そこで、ふとした瞬間に、自分の想いが相手に上手く伝わらず、苦しい気持ちになったり、
意志疎通にズレが生じて、「そんなつもりで言ったわけではないのに・・・」「なぜ分かってもらえないの?」
という感情から、活動が前よりも「つまらないな」「こんなはずではなかったのに」と思ってしまったり・・・
そんな経験はありませんか?

実際に、ボランティアセンターにも、個人・団体・グループに関わらず、コミュニケーションのもどかしさ
に関する相談があります。
相談・・・と書いてしまいましたが、お話される方としては「ちょっと聞いてほしい」という感覚だと思います。

こういった話を聞いて、みなさんが地域で楽しく・いきいきと活動を続けるための一つの手段として
自分の想いも相手の想いも大切にしながら、互いの考えを伝えあう方法を知ることができる講座を
開催したい・・・と思いから、2月の実施に繋がりました。

現在、コミュニケーションのことで悩みがある方も、そうでない方も、ぜひご参加ください!
みなさんからの申し込み、お待ちしています♪

*************************************

日  時 平成27年2月19日(木) 10:00~12:00
場  所 吉川市中央公民館 301・302 (吉川市保577)
定  員 50人(申込み先着順)
対  象 ボランティア・市民活動に関わる方、ボランティアに関心のある方なら、
      どなたでもご参加になれます。
講  師 特定非営利活動法人 埼玉カウンセリングセンター
      代表理事 高倉 恵子 氏
参 加 費 無料
申込方法 吉川市ボランティアセンターへ、電話・FAX・メールいずれかの方法で
       ①名前 ②年代 ③性別 ④電話番号 ⑤どこでこの学習会を知ったか
       ⑥在住地区 ⑦ボランティア活動経験の有無
       をお伝えのうえ、お申し込みください。
問合せ・申込先 吉川市ボランティアセンター
           ☎・FAX 048-981-7559
           メール vola@yoshikawashakyo.or.jp

◆講座チラシ◆
c0153906_11445289.png

c0153906_11451449.png

[PR]

by yoshikawashakyo | 2015-01-16 11:49 | 講座・研修情報 | Comments(0)  

声で楽しむものがたり

またまた、久々の更新となってしまいました・・・emoticon-0107-sweating.gif
前回が5月でしたので、梅雨明けし、夏休みも終わり、9月に突入してしまいましたねemoticon-0104-surprised.gifワォ

今日は、夏の思い出を少し振り返ってお知らせしたいと思いますemoticon-0152-heart.gif


8月30日(土)に、市民交流センターおあしすにて、
吉川市ボランティアセンター登録団体の「朗読サークル きんもくせい」
吉川市立図書館と共催で『声で楽しむものがたり』を開催しました♪
吉川市社会福祉協議会は、後援という形でこの事業に関わらせていただきました。

c0153906_16451267.jpg


「きんもくせい」は、視力に障がいがある方が、少しでも多くの希望を持ち、
前向きな生活が送れるように・・・と、「広報」「議会だより」「社協だより」などの
音訳テープを作成したり、希望があれば対面朗読も行っているボランティア団体です。

今年は、団体設立30周年記念も兼ねての朗読会です。
※厳密にいうと31周年だそうです。東京ディズニーランドと一緒ですねemoticon-0136-giggle.gif

メンバーのみなさんは、この朗読会に向け、1年以上の練習をされたそうですemoticon-0137-clapping.gifemoticon-0171-star.gif
普段行っている「音訳」と、今回の「朗読」は読み方のポイントも違うんですって!
言われてみれば「なるほど~。そうだよな~。」と納得です。
情報を提供する「音訳」。情景・内容を声で表し伝える「朗読」。結構な違いがありそうですよね。

当日、わくわくしながら会場に行くと、満員御礼!
いざ、朗読が始まると会場全体が一気に本の世界に引き込まれていく様子が分かりました。

映像があるわけでもないのに、目の前に広がってくる情景に「感動!!!」の一言emoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gif
会場からは、ものがたりの内容に合わせて自然と笑い声や
「ほぉ~~~!」「わぁ!」などの相槌が起こっていました。

全てのプログラムが終わると、「きんもくせい」メンバーが壇上へ。
「きんもくせい」のみなさんに贈られた、大きな拍手が、
朗読の素晴らしさ・成功を物語っていましたemoticon-0115-inlove.gif

c0153906_17112756.jpg


今後も、その素敵な「声」で活躍なさってくださいemoticon-0159-music.gif
40周年(!?)も、楽しみにしています~~~~emoticon-0170-ninja.gif

そして、このBLOGをご覧になって
「うわぁ!!!興味あるわ!!」「私もやってみたい!」「見学だけしてみたい!」
などなど思った方は、お気軽に吉川市ボランティアセンター(048-981-7559)まで
お問い合わせくださいネemoticon-0157-sun.gif
[PR]

by yoshikawashakyo | 2014-09-02 17:14 | ボランティア | Comments(0)  

平成26年度・手話講習会【入門課程】のお知らせです♪

手話を初めて学ぶ方を対象に、手話の基礎知識と聴覚障がい者福祉についての理解を
深める事を目的に、手話講習会【入門課程】を開催しますemoticon-0102-bigsmile.gif

学んでみたかったけど、なかなかきっかけがなかった・・・という方、この機会にご参加くださいemoticon-0152-heart.gif
表現力豊かな講師が、手話の魅力と楽しさを教えてくれますemoticon-0159-music.gif

日 時 6月4日~10月22日 原則毎週水曜日 
     全19回 19:00~21:00
会 場 吉川市中央公民館 301・302
対 象 ◆手話をはじめて学びたい方
     ◆手話を過去に学んだことがあるが、もう一度学び直したい方
     (市内在住・在勤者優先)
定 員 30人(先着順)
参加費 3,240円(テキスト代)
内 容 ・手話表現の実技 18回
     ・聴覚障がい者福祉に関する講義 1回
主 催 吉川市社会福祉協議会
協 力 吉川市聴覚障害者協会 吉川手話サークルさつき会
締 切 5月28日(水)
申込方法 申込書を記入の上、受講料を添えて吉川市ボランティアセンターへ、
       直接お申込みください。
       申込書は、ボランティアセンターにご用意しています。
       あるいは、吉川市社会福祉協議会ホームページよりダウンロードしてご記入ください。
       
申込・問合せ 吉川市ボランティアセンター
          TEL/FAX:048-981-7559

ボランティア
[PR]

by yoshikawashakyo | 2014-05-13 10:28 | 講座・研修情報 | Comments(0)  

一緒に点字を読む練習をしませんか? ~点字触読講習会~

淡いピンク色の桜の花びらも舞い散り、みずみずしい葉桜が綺麗に見える時期になりましたねemoticon-0100-smile.gifemoticon-0152-heart.gif
新しい環境に移った方は、慌ただしい毎日が少し落ち着いてきたころでしょうか?

今回は、「点字触読講習会」の情報をお伝えしますemoticon-0159-music.gif
今年度は、まだまだ始まったばかり!
少しでも「気になるなぁ」と思った方は、お気軽にお問い合わせくださいemoticon-0102-bigsmile.gif

*********************************

指で点字を読んでみませんか?
大人になってから身体に覚えさせるというのは結構大変なこと。でも、
一緒に読もうとする相手がいたらがんばれるかも・・・。
目が見えなくなって文字が読みにくくなった人。まだ見えるけど、
どんなものかやってみたい人。いくらか読めるけど、もっと早く読めるようになりたい人・・・などなど。
見えている人は、アイマスクをしてやってみませんか?お待ちしています!

日 時 5月21日~ 原則毎週水曜日 
     全35回 12:00~15:00
定 員 5人(先着順)
参加費 4,000円
締 切 5月21日(火)
場 所 吉川市中央公民館
申込・問合せ 090-2427-3881(鈴木)

*********************************

ボランティア
[PR]

by yoshikawashakyo | 2014-05-07 16:28 | 講座・研修情報 | Comments(0)