「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

いま、自分達にできること

吉川市立関小学校の児童の皆さんが、東北関東大震災の被災地に義援金を送ろうと、
校内で募金運動を行い集まった募金を埼玉県共同募金会吉川市支会に届けてくれました。

募金額は、PTAの募金と併せて201,605円

「いま、自分達にできることを」と考え、児童の皆さんが自主的に活動を始めたとの事です。

募金の他にも心のこもったあったかいお手紙もお預かりしました。
c0153906_12193422.jpgc0153906_12202165.jpg
[PR]

by yoshikawashakyo | 2011-03-30 12:21 | 共同募金 | Comments(0)  

災害ボランティアセンター設置・ボランティア受入状況

■徐々に、県外・市外からのボランティアの受入がはじまっていますが、緊急救援活動が
 最優先であるとともに、余震等に備えた安全の確保、さらには道路等交通網の寸断、
 燃料・物資不足等の事情から、多くのセンターではボランティアの受け入れについては
 準備段階にあります。
 
基本的に交通・宿泊・食事など自分で
 手配しての参加が条件
です。

災害ボランティアセンターによって受入の条件、活動内容やルールが
 異なりますので、よく確認してからお問合せください。




★「東日本大震災支援全国ネットワーク」のウェブサイトに災害ボランティアセンターの
 一覧があります。

 各地の詳細情報は「東日本大震災支援全国ネットワーク」からご確認ください。

 
[PR]

by yoshikawashakyo | 2011-03-29 16:54 | ボランティア | Comments(0)  

さいたまスーパーアリーナでのボランティアについて

 埼玉県社会福祉協議会より、さいたまスーパーアリーナでのボランティア情報が更新されました
のでお知らせします。


以下、埼玉県社会福祉協議会ウェブサイトより

★3月25日(金)8時55分現在
 本日のさいたまスーパーアリーナでのボランティア受付は終了しました。
 ご協力ありがとうございます。


★3月24日(木)14時30分現在
 本日から、さいたまスーパーアリーナで必要なボランティアの人数(見込)をお示しします。

●さいたまスーパーアリーナボランティア数(見込)●
  3月25日(金) 100人 ※受付終了しました(8時55分)
  3月26日(土) 100人
  3月27日(日) 100人

 これまで公募はしませんでしたが、さいたまスーパーアリーナには延べ4,000人がボランティア
希望で訪れてくださいました。
 しかし、現在のところ1日100人程度の協力があれば、避難してきた方々の支援は実施できる
状況になっています。

 したがって、受付開始直後に受入れを辞退させていただくことが十分考えられますので、ご了承
ください。

■ご注意■
①長時間できる方を希望します。
②ボランティア受付開始は8時30分の予定ですので、直接会場にお越しください。
③待機場所で長時間お待ちいただく場合があります。
④活動場所によっては、開始・終了の時間が異なります。
⑤活動内容については、現地で指示を受けてください。
⑥食事・雨具(レインコート)・防寒具については各自でご準備ください。
⑦貴重品は各自で管理してください。
⑧その日の状況によっては、お願いする活動がない場合もありますので、ご了承ください。



■物資は受け付けていません■
さいたまスーバーアリーナでは、物資を受け付けておりません。
物資は、現在以下の行政機関で受け付けています。
  ↓
http://www.fukushi-saitama.or.jp/saitama03/volunteer/exec/item/browse/36/478/
[PR]

by yoshikawashakyo | 2011-03-25 09:20 | ボランティア | Comments(0)  

被災地の災害ボランティアセンターの状況について

東北、関東各県内の災害ボランティアセンターの状況をお知らせします。
各県や、各県社会福祉協議会、市町村社会福祉協議会のウェブサイトでご確認ください。
(※電話での問い合わせは、大事な回線を塞ぐことになりますのでおやめください。)
なお、埼玉県外に設置している災害ボランティアセンターのほとんどが、県外からのボランティア
受け入れを行っておりません。

救助活動や物資輸送等を最優先させるため、また被災された方々のプライバシーを大切にするため
等の理由があげられます。

多くのボランティアが駆け付けることで、道路の混雑、水の使用増加等、二次災害を招いてしまう
可能性も充分にあります。

どうか、被災地・災害にあわれた方々の気持ちを想像し、正しい情報を収集(テレビ、新聞等の各種
メディアやツイッター等では必ずしも正しい情報が流れているとは限りません)し、じっくり考えて
行動されますようお願いします。

今後、県外のみなさんの力を発揮していただける日がくると思います。
そのときが来るまで、できることをしながら、力をためて、復興を祈りましょう。

以下、各県内の状況です ↓↓↓

関東【埼玉県】3/24現在 
埼玉県社協が募集している情報は→ http://www.fukushi-saitama.or.jp/saitama03/volunteer/exec/item/browse/36/480/l        
※さいたまスーパーアリーナでのボランティア及び物資の募集はしていません。


【茨城県】3/22現在 県内21カ所に設置 
(常総市 つくば市 鉾田市 水戸市 小美玉市 潮来市 東海村 笠間市 那珂市 石岡市 日立市 行方市
常陸大宮市 ひたちなか市 鹿嶋市 大洗町 北茨城市 牛久市 高萩市 城里町 常陸太田市)
詳細は、茨城県社協ウェブサイトの【H23東北地方太平洋沖地震に関する情報】
http://www.ibaraki-welfare.or.jp/index.php
※現在、各市町内の方のみでボランティア募集中


【千葉県】3/16現在 県内3カ所に設置 (浦安市 旭市 我孫子市)
千葉県災害ボランティアセンター開設(情報提供・相談窓口のみ)
詳細は千葉県社協ウェブサイトの【H23東北地方太平洋沖地震の対応について】
詳細は→ http://www.chibakenshakyo.com/
※現在、県内の方のみでボランティア募集中



【栃木県】3/23現在 県内3カ所に設置 (大田原市 宇都宮市 那須烏山市)
詳細は→ http://blog.canpan.info/t-shakyo/ 
※現在、県内の方のみでボランティア募集中


東北【宮城県】3/23現在 県内15ヵ所に設置 
(仙台市若林区・宮城野区・太白区※・青葉区 石巻市 七ヶ浜町※ 塩釜市 柴田町※名取市 大崎市
※ 亘理町※ 美里町 東松島市※ 利府町※ 松島市)
※の災害ボランティアセンターは、市町内の方を対象とした募集となっています。
詳細は→ http://www.msv3151.net/index.html
※現在、自力で移動手段や食糧、宿泊を確保できる方のみボランティア募集中



【岩手県】3/23現在  県内10カ所に設置 
(遠野市 大船渡市 花巻市 久慈市 釜石市 宮古市 岩泉町)
※募集が始まっていない災害ボランティアセンター→陸前高田市 奥州市 住田町        
詳細は→ http://www.iwate-shakyo.or.jp/
※現在、現地まで通える各市内の方のみでボランティア募集中



【福島県】3/23現在  県内24カ所に設置 
(田村市 白河市 会津若松市 喜多方市 西会津市 磐梯町 猪苗代町 下郷町 相馬市 
いわき市 福島市 伊達市 二本松市 本宮市 国見町 桑折町 大玉村 郡山市 須賀川市 
小野町 鏡石町 玉川村 平田村 昭和村 )
詳細は→ http://ameblo.jp/pref-f-svc/
※現在、各市町村内の方のみでボランティア募集中
         


【青森県】3/16現在 県内2カ所に設置(八戸市 三沢市)
詳細は→ http://www.pref.aomori.lg.jp/life/volunteer/volunteer-jyouhou-center.html
※現在、県内の方のみボランティア募集中

[PR]

by yoshikawashakyo | 2011-03-24 10:43 | ボランティア | Comments(0)  

災害ボランティア、行動する前に確認してほしいこと★

emoticon-0171-star.gif災害ボランティアに関するボランティアの心得

 1 まず最初に現地の最新情報を調べましょう!   
   被災地の現状だけでなく、今後の見通しも確認する上でも「インターネット」などを活用し、
   最新情報を確認しましょう。
   最新の情報については
全国社会福祉協議会 福祉救援・災害ボランティア情報などでご確認
   ください。詳しくは
http://blog.goo.ne.jp/vc00000/  

 2 ボランティア活動に必要な装備・物資は各自で用意しましょう! 
   移動手段、宿泊場所、食事・水分などは、極力各自で用意するようにしましょう。
   被災地によっては、水道や宿泊施設が確保されていない場合が多く想定されます。


 3 ボランティア活動保険に加入しましょう!
   現地までの移動中のケガや活動中のケガや事故などに備えるために、ボランティア活動
   保険の「天災タイプ」に加入しましょう!
   できるだけ、出発前に地元の社会福祉協議会で加入し、移動中の不測の事態によるケガ
   にも備えましょう。 
   (ボランティア活動保険について詳しくは吉川市ボランティアセンターまで)
    
   ※3月14日現在、保険加入について特例措置があり、加入後、直ぐに補償が適用されます。
    また既に加入している方でも、「天災タイプ」に改めて加入されることをお勧めします。
    ボランティア活動保険の補償は「平成22年度」分が3月31日まで有効となります。
    4月以降の保険・補償については「平成23年度」分を、改めてお申込み頂く必要がありま
    す。ご注意ください。

[PR]

by yoshikawashakyo | 2011-03-24 10:03 | ボランティア | Comments(0)  

東北関東大震災にかかるボランティア情報 2

 被災地へボランティアに行きたい!、情報がほしい!という方、埼玉県社協さんが
メールにて情報提供してくださるそうです。

 以下、埼玉県ボランティア・市民活動センター 発信の情報です↓↓↓


 ボランティアの登録をしていただいた皆様に、被災地や埼玉県に避難されてきた方々への
ボランティア募集等の情報をお知らせしていきます。

【ご注意ください】
 この登録は、情報提供を目的とするものであって、被災地等でのボランティア活動を
斡旋するものではありません。

1.Eメールによる送信内容
  入力フォームは作成中です。現時点では以下の項目をメールにて送信してください。

(1)送信時の表題
  (他のメールとの分類をするため、以下のとおりとしてください。)

  「東北関東大震災ボランティア情報提供希望」

(2)メールにて提供いただく内容
 ①氏     名
 ②ふ り が な
 ③住     所(○○県○○市 ※市町村までの記載)
 ④メールアドレス
 ⑤電 話 番 号
 ⑥活動先の希望 (以下の ア~イ の内、ひとつを選択してください) 
   ア.県内のみ  イ.県外のみ  ウ.県内・県外両方

(3)送信先
  saivc@fukushi-saitama.or.jp

2.ボランティア情報の発信 
  必要とされるボランティア情報が入りしだい、その内容を随時メール送信します。

3.問合せ先
  埼玉県ボランティア・市民活動センター   
  さいたま市浦和区針ヶ谷4-2-65(彩の国すこやかプラザ内)
  電話 048-822-1435 ファックス 048-822-1449
  時間 午前 8:30~午後 5:15

4.ボランティア活動の心得 (ボランティア活動前に必ずお読みください。)
  宮城県災害ボランティアセンター ホームページより
[PR]

by yoshikawashakyo | 2011-03-18 17:52 | ボランティア | Comments(0)  

救援物資の受付について 【埼玉県】

 東北関東大震災による被災地に対しての救援物資の受付について
【個人提供者のみなさまへ】

 
 埼玉県では以下のとおり受付を開始しました。

1 対象となる救援物資
次に記載するもの(未使用品)に限ります。それ以外の物はお引き受けできません。
必ず品目ごとに仕分けし、箱単位でお願いします。

(1)食料(生もの、賞味期限の短いものを除く)

(2)水(ペットボトル:500ミリリットル・1リットル・2リットル)

(3)毛布

(4)子ども用おむつ

(5)大人用おむつ

 ※救援物資の支援先については、こちらにお任せ願います。ご了承ください。

2 受付期間等

 平成23年3月18日(金)から当分の間(土日、祝日も受け付けています)
 午前9時~午後4時まで


3 搬入場所
 以下のどちらかの場所に、直接お持ち込みください。 
 郵便等ではお引き受けできません。


(1)県中央防災基地
  川島町上狢111-1
  電話 049-297-7416

(2)熊谷スポーツ文化公園管理事務所
  熊谷市上川上300 くまがやドーム内
  電話 048-526-2004

4 問い合わせ先

 埼玉県防災対策本部(救援物資担当)
 電話 048-830-8281(直通)
 FAX 048-830-4779

 emoticon-0171-star.gif参考までに物資の仕分け方法について添付します。
 思いやりのある寄付の仕方にご協力ください。
 c0153906_16342239.jpg
 
[PR]

by yoshikawashakyo | 2011-03-18 13:11 | ボランティア | Comments(0)  

東北の災害ボランティアセンター設置状況

東北の災害ボランティアセンター設置状況について
 東北の被災地域では、地域の社会福祉協議会等が「災害ボランティアセンター」の立ち上げ準備を
しています。

支援ニーズのある方のお電話がかかりにくくなってしまいますので、近隣の方以外のお電話での
お問合せはご遠慮下さい。




 福島県災害ボランティアセンター福島県の各地では、災害ボランティアセンターが立ち上がって
います。

 県内在住の方でボランティア活動を希望される方は、下記の情報をご覧いただき、各市町村の
災害ボランティアセンターにお問い合わせいただきますようお願いいたします。

 なお、県内の各市町村は現在、海岸沿いの地域からの数多くの避難者を内陸部に受け入れる対応に
追われているとともに、被害の状況把握やボランティアニーズの把握を急いでいる段階で、県外からの
ボランティア活動の基盤が整っていない状況にあります。加えて、水、食料、ガソリン等が手に入りにくい
状況です。
そうしたことから、現在は県外からのボランティアはお断りさせていただいておりますので、よろしく
お願いいたします。


【福島県災害ボランティアセンター】
混乱を避けるため、他地域の方はお電話でのお問合せをお控えください。

福島市
設置場所:市役所1階
ボランティアの条件:市内及び通える範囲の方
TEL:024-535-1111(市民生活課)


二本松市
設置場所: 二本松市社会福祉協議会
ボランティアの条件:市内在住の方
TEL:0243-23-7867


本宮市
設置場所: 本宮市社会福祉協議会
ボランティアの条件:市内在住の方
TEL:0243-33-2006


国見町
設置場所: 観月台文化センター
ボランティアの条件:町内在住の方
TEL:024-585-2676


郡山市
設置場所: 開成山野球場脇
ボランティアの条件:市内在住の方のみ(一般・専門不問)
TEL:024-932-5311


須賀川市
設置場所:須賀川市社会福祉協議会
ボランティアの条件:市内及び通える範囲の方(身分証明書が必要になります)
TEL:0248-88-8211


小野町
設置場所: 町役場内
ボランティアの条件:町内在住の方で看護師・保健師限定
TEL:0247-72-6934


白河市
設置場所:市役所内
ボランティアの条件:市内及び通える範囲の方
TEL:0248-22-1111


会津若松市
設置場所:会津若松市社会福祉協議会
ボランティアの条件:市内在住の方
TEL:0242-27-7715


喜多方市
設置場所:喜多方市社会福祉協議会
ボランティアの条件:市内在住の方
TEL:0241-23-3231


西会津町
設置場所:西会津町社会福祉協議会
ボランティアの条件:町内在住の方
TEL:0241-45-4259


磐梯町
設置場所:磐梯町社会福祉協議会
ボランティアの条件:町内在住の方
TEL:0242-73-2181



[PR]

by yoshikawashakyo | 2011-03-17 11:49 | ボランティア | Comments(0)  

東北関東大震災にかかるボランティア情報 1

 
 茨城県潮来市役所

 物資提供のお願いです。

 現在、潮来市内では物資が不足しております。

 次の物資を無償提供していただける方は市役所までご連絡ください。

 ・ブルーシート

 ・懐中電灯

 ・乾電池

 ・トイレットペーパー

 ・ティッシュペーパー

 ・保存食

 ・ガソリン用携行缶

 ・水用ポリタンク

 ※必ず事前に問合せの上、送るまたは持ち込むようにしてください

  連絡先 潮来市役所 0299-63-1111


[PR]

by yoshikawashakyo | 2011-03-17 09:24 | ボランティア | Comments(0)  

現地に行かず、物資を送らず、今私たちにできること…

 今回の震災に関して、市民の方からボランティアに行きたいというご希望や、毛布等を送りたい、
義援金は受付してるの?…というご連絡をいただき、とってもうれしく思っています。
 また、ご連絡をいただかないまでも、同じ思いを抱かれている方はたくさんいらっしゃるでしょう。
 「なにか少しでも、少しでも力になれないかな!」と思いながらも、どうしていいのかわからない… 
そんなもどかしい気持ちを抱えて、自身の無力さを感じている人もいらっしゃるでしょう。

 私たちも同じ気持ちです。

 でも、決して無力ではありませんし、今私たちにできることはたくさんあります。

 今は、被災地に行って応援(ボランティア活動)できる状況ではなく、支援物資も受け付け
られる状況ではありません。

 では、なにができるのか…?


 練馬区ボランティアセンターさんがとてもわかりやい文章でお伝えしていますので、以下、添付
させていただきます。

 寒いと言っている人がいれば暖かいものを、お腹が空いたといっている人がいれば何か食べるものを、
自分のできることとしてせめて送りたい…。
そう思われるお気持ちは自然だと思います。
そして連絡先をわざわざ調べてボラセンまでお電話いただくことに本当に感謝をしています。

ただ、現時点ではボランティアとして現地に行くことも、物資を送ることもお断りをしています。
じゃぁ今何ができるの?ということを今日はお伝えしたいと思います。

【○○しないで、できること】
1)被災地の市町村や社会福祉協議会などに問合せの電話をしない 
多くの人が「ボランティアに行きたい」「必要なものは何かある?」と問合せをしているようです。残念なことに、それによって災害ボランティアセンター立ち上げの準備にとりかかれなかったり、被災者の人たちの求めていること(ニーズ)を聞きに出かけられないという状況が起こっています。

2)必要以上にモノを買わない 
スーパーやコンビニの棚ががらんとしている光景をご覧になっていませんか?それを見るとますます「やっぱり買っておかなくちゃ」と不安になって、必要以上に買い込んでしまう…。そんな悪循環が起き始めています。少なくとも東京は物資が十分に届く状況があります。

【こんなときだからこそ・・・】
1)よく食べ、よく寝て、よく笑う 
テレビから流れる映像を見続けて、元気をなくしていませんか?今回の震災は大変つらく直面するのが厳しい事態です。でも、こんなときだからこそきちんと食べて、寝て、誰かと話して、お互いに笑い合えることが自分の健康を守ってくれるのだと思います。

2)人にやさしく 
自分が元気でいられると、人にやさしくする余裕も生まれる気がします。被災地ではつらい状況にも関わらずそういった譲り合い、助け合いが行われているとか。東京に住んでいる私たちもそうありたいですね!

3)声をかけ合う 
練馬区もそうですが、節電や安全対策のため、多くの公共施設が閉館するなどの措置が取られています。いつもは誰かと話せるそんな場所に行けなくなってしまった高齢者や、子育て中の方など、もしかして外に出る、人と話す場面が極端に減っているかもしれません。知らない人同士でも、ちょっとした声のかけ合いをしてみませんか?

【耳にタコかもしれませんが・・・】
1)現地ですぐに使えてすぐに役立つプレゼントを贈る 
それが、寄付や募金です。お金のすばらしいところは、送るために道路を使わないばかりか送料もかからないこと。さらに、必要なくなって倉庫で眠る…ということもありません。

2)もう少ししてから、献血する
 献血の呼びかけがあってから、多くの人が協力しているそうです。あまりに多すぎて、受入れ許容量を超えているとの情報も。血液には保存期間がありますので、もう少し時間が経ってからご協力いただけるとありがたいです。

3)東京の底力を見せる 
計画停電のはずが、何度も見送りになっています。これは“計画がずさん”なのではなく、私たちの節電の成果だということです。私はこのニュースを聞いて、東京やるな!と嬉しくなりました。ぜひ無理なくこの節電・節ガソリンを続けられたらと思います。

【まだ4日なんです】
1)情報を集める 
地震が起こってからもうずいぶん時間が経った気がしますが、まだ4日です。被害の状況がどれぐらいなのか、その把握すらままならないのが現状です。これまでに挙げてきたことを含め、一過性ではないサポートが必要になります。情報を集めながら、日常の生活をきちんと送りながら、それでも関心を持ち続けられたらと思います。

2)気持ちと力をためる
 今後、ボランティアの力が必要になる場面が出てくると思います。そのいざ!というときのために気持ちと力を一緒にためませんか?ボラセンとしてできることは他にないのかな…と私たちも考えています。でも今は必要なことを進めながら、充電しています。

みなさんの「なんとかしたい!」という気持ちを本当に嬉しく思っています。
ぜひこんな形でお力を貸していただけたらと思います。
よろしくお願いします。

練馬区ボランティア・市民活動センターブログ
ぽけっとのうらがわより



 練馬区ボラセンさんのおっしゃるとおり、これから先、ボランティアの力が必要な場面が出てくると
思います。
 そのときは、どうか力を発揮していただきたい…。
 
 今後もボランティア受け入れ等についての情報提供はできるだけタイムリーに発信していきたい
と思いますので、今は「今できること」を一緒にがんばりましょうemoticon-0155-flower.gif



[PR]

by yoshikawashakyo | 2011-03-16 10:14 | ボランティア | Comments(0)