吉川市社協ブログ

yoshisya.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:報告( 32 )

ラ・クンパルシータ

060.gifラ・クンパルシータ060.gif
この曲をご存知ですか? 24時間365日、常に世界のどこかで必ず演奏されている、との伝説もあるほど、
最も有名なアルゼンチンタンゴの名曲です。
5月8日、当会主催の「ふれあい昼食会」において、東京や栃木、そして吉川でハーモニカ演奏の指導や
ボランティア活動をされている糸田朝子さんにお越しいただき、この曲を演奏いただきました。
当日は、ふれあい昼食会参加者のためにアルゼンチンタンゴの名曲から、なつかしい童謡・歌謡曲まで、
みなさんでの合唱も織り交ぜながらの13曲。中には、4本のハーモニカを操り、演奏する楽曲も。
まさに圧巻のひと言!
素晴らしい演奏に感極まって涙を流してしまう方や、「小学校のハーモニカをまだ持っています。先生に指導
してほしい。」とご希望の方など、糸田さんの素晴らしい演奏に心引きつけられ、あっという間の1時間となり
ました。
c0153906_1457693.jpg
c0153906_1524163.jpg

                                         
  6月12日・7月10日・9月11日のふれあい昼食会では、引き続き糸田さんに演奏をいただく予定です。
昼食会の参加には要件がありますが、ご興味のある方はお問い合わせください。
[PR]
by yoshikawashakyo | 2014-05-09 15:23 | 報告 | Comments(0)

介護者リフレッシュ 日帰りバス旅行を実施しました!

 公益財団法人さいしん福祉財団と吉川市、草加市、八潮市、三郷市の4市の社会福祉協議会が協力し、介護者の慰労を目的とした「介護者リフレッシュ旅行」を実施しました。
 2月5日、少し風が強く肌寒かったものの、午前中は東京スカイツリ―からの関東一円の眺望を楽しみました。当日は雲ひとつない晴天で、絶景のひとこと。まさに絶好の眺望日和。
 午後はお参りにお買いものにと、浅草寺・仲見世の散策を楽しみました。
 バスの中や昼食時には、参加者同士の話に花が咲き、日頃の介護から離れ、一日リフレッシュして過ごしました。

c0153906_12262630.jpgc0153906_1227259.jpg
                          
 
[PR]
by yoshikawashakyo | 2014-02-06 12:27 | 報告 | Comments(0)

『引き算方式認知症介護のすすめ』開催しました!

 去る2月1日(土)13:30~15:30、吉川市中央公民館にて
平成25年度 第4回「介護者のつどい」として、地域包括支援センター
企画により、引き算方式認知症介護のすすめを開催しました。

寒さ厳しい季節の開催でしたが、介護している方、民生委員、
ボランティア活動者、ケアマネジャー、介護事業所職員など、
100人以上の方にご参加いただき、うれしく思います。

 講師には、様々な現場と向き合い、数多くの実践をとおして、
『引き算の認知症介護』をお考えになりました右馬埜節子
(うまのせつこ)さんに東京都中野区よりお越しいただき、
事例をたくさん含めた具体的な対応方法についてお話し
いただきました。
c0153906_1429799.jpg


 講演会終了後、会場に残ってくださり、実際に介護と向き合っている方の
相談を個別に受け、丁寧にアドバイスくださいました。

 
056.gif特設!うまの相談所056.gifのようす
c0153906_14341444.jpg


 認知症になっても、安心して暮らせるまちづくりのための取り組み、
これからも地道に続けていきます003.gif

 
[PR]
by yoshikawashakyo | 2014-02-05 14:42 | 報告 | Comments(0)

平成25年度 手話講習会【基礎課程】 はじまりました♪

今年度の手話講習会【基礎課程】が、昨日6月5日(水)から始まりました(*^∀^*)/★


【基礎課程】ということで、手話の簡単な基礎知識、実技がある方が
ステップアップしていただくことを目的に開催します!

今回、14名の参加者でスタートです!!!!

10月末までの全21回(長丁場ですが・・・)、楽しみながら学んでいけたら
とても嬉しいなぁ~~♪と思っています(*^ω^*)

昨年の入門課程に参加していた方も多くいらっしゃって、
「久しぶり~~!!」など、再会を喜ぶ声も聞こえてきました。
このように、講習などを通して、人と人がつながっていくというのも
素敵だなぁ~と感じながら、
「今回の参加者の方々も、コミュニケーションを取り合って
 講習会最終日を迎えられたら・・・」
と思いました。

講師の野口さんも、分かりやすい説明・ユーモアのある表現・時々少しきびしく
そして、なにより、楽しく丁寧に教えてくれるので
初回から、笑顔と笑い声に包まれる温かい雰囲気のなか、
みなさん集中して受講していました。
c0153906_159940.jpg


この講習会を通して、ボランティアとして活躍してくれる方が
一人でも多く誕生してくれたら、嬉しいなぁと思います

みなさん、最後まで一緒に頑張って行きましょうね~★



吉川市社会福祉協議会・吉川市ボランティアセンター
[PR]
by yoshikawashakyo | 2013-06-06 15:26 | 報告 | Comments(0)

ホームビジター養成講座~HAPPY BIRTHDAY~

ホームスタート・ホームビジター養成講座。週1日9:30~15:30の講座が8回。
昨日で3日目が終了しました。
現在13名の方が参加してくださっています。

講師もとてもステキな方たちばかりで、参加者の方に「私たちだけで聞くのがもったいないねー。もっとたくさんの方にも聞いていただきたいお話ばかりだよねー」という声をいただきました。
前回の講師、埼玉大学教授の河村先生がおっしゃっていたように、食をともにすることは相手との距離を縮めるようで、お昼休みはみなさんいっしょにお弁当を食べています。
1回目より2回目は人が増え。そして3回目はほぼ全員一緒です。
c0153906_1072930.jpg


年齢も経歴もバラバラだけど、吉川市で悩みを抱えたお母さんがいるなら何か手助けをしたいという思いで強い絆がうまれてきています。

ちょうど昨日お誕生日の方がいらして、参加者の方がケーキを作ってきてくださってのサプライズパーティ。
c0153906_10155310.jpg

涙ながらに喜んでいただけました!
かぼちゃのケーキもとっても美味しかったです。

こんなステキな方々が、ホームビジターとして活動するために現在講習を受けてくださっています。
講座が終了するのが1月下旬。2月には事業がスタートできる予定です。
もうしばらくお待ちくださいね☆
[PR]
by yoshikawashakyo | 2012-12-07 10:21 | 報告 | Comments(0)

市民まつり 綿アメ販売

11月18日(日)おあしす&永田公園を会場に「明日がある みんなのまち 吉川市民まつり」が開催されました。
当日は風が強かったものの(木枯らし1号でした。)晴天に恵まれ、朝から会場はお客さんでいっぱい。
社協ブース(綿アメ販売・パネル展示)も販売開始の花火と同時にお客さんの長蛇の列が。
結局この列は、終了時刻の午後3時まで、1回も途切れることがありませんでした。

c0153906_1475984.jpg


ちなみにこの綿アメ、お客様ご自身で作っていただいています。
やったことないよ~出来ないよ~と言いながら思わぬ才能を見せるお子さん。実はお父さんお母さんも才能開花。
懐かしいなとお孫さんのためにベテランの味を見せる方、割り箸1本、ほんの1・2分のクルクルですが、難しさや楽しさを体験していただくことでより思い出にもなりますよね。そしてより美味しくなりました…よね!?

c0153906_1475746.jpg


なお、綿アメの売上金はすべて赤い羽根の共同募金に寄付をさせていただきました。
綿アメをご購入いただきました皆様ありがとうございました。
売上金 313人×50円=15650円 
[PR]
by yoshikawashakyo | 2012-11-21 13:55 | 報告 | Comments(0)

【無事終了しました】これから自分にできること~優しい未来づくりを目指して~

11月28日(日)吉川市中央公民館にて開催した
平成24年度ボランティア学習会
これから自分にできること ~優しい未来づくりを目指して~
が無事終了したのでお知らせします。

講師は、2011年6月から現在まで福島県に特化した形で
ボランティア活動を現在も続けていらっしゃる
絆ジャパン災害ボランティアチーム代表、坂下三浩氏をお迎えして
今年度も、東日本大震災をテーマにして開催しました。
c0153906_11453778.jpg

「昨年度のボランティア学習会テーマも東日本大震災のことで、今年も?」
と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、この震災のことも
ずっとずっと後世に語り継いでいかなくてはならないのでは?という思いと、
「今でも何かできることはないか」、
「被災地の現状はどうなのか」、
「知りたくてもなかなか知れない」
という方が、この講演会をきっかけに
胸に抱えているモヤモヤが少しでも晴れたら・・・
吉川からも引き続き被災地に寄りそう気持ちを持っていただけたら・・・と企画・開催しました。


当日の参加者は、広報をご覧になってくださった方の他に、
絆ジャパンに参加した事のある方も遠くから講演会に出席してくれ、
合計36人の参加となりました。
天候が悪かったにもかかわらず、参加くださった皆さん。
本当にありがとうございます。
c0153906_11442935.jpg


福島県の復興支援の話となると、切り離せないのが「原発」の問題であり、
参加者の方からも、「原発の話をもっと聞きたかった」というお声も頂きました。

ただ、今回の学習会の目的は上に書かせていただいた通り、
原発問題を語る会ではなく、ボランティアとして福島県に関わり続けている講師の
「思い」であったり、講師から聞く現地の様子、現地の人の声から、
何かしら「自分にできること」「ボランティア」のヒントを得てもらうことだったので、
今回に関してはこの形式で良かったと思っています(^^)


今回の講演を聞いて
「報道だと福島のことは原発の事ばかりだったので他の様子を聞けて良かった。
 まずは“絆ジャパン”に参加してみたい」

と早速行動に移された方もいらっしゃいましたし、
「東北へのボランティアではないのですが、まずは地元で出来ることを・・・」
と後日、ボランティアセンターに来所された方もいらっしゃいました。

このように、この講演をきっかけとして一人でも、二人でも、
新たな一歩を踏み出していただけたことが、涙が出るほど嬉しく思うと同時に
すぐ、行動に移せなかったとしても、
今回の話を家族の方、友達など周りの方々にお話しくださるだけでも、
とても意味があると思います。


講演内容は、震災当日に記憶を戻す意味も込めて、最初に
講師が6分間のDVDを2本用意してくれていました。
DVDの内容は、海外メディアが撮影した写真のため衝撃的な写真もあるので、
そのような映像が無理な方は目をつむっていただいても構わない
という声かけのもと、映像がスタート。

今まで見たことのなかった震災当時の映像に、
こんなに悲しくつらい出来事が実際に日本で起こっていて、
幼い子供までもが・・・と胸を握りつぶされるような苦しさに、
ほとんどの参加者の方が涙を流していました。
c0153906_11432518.jpg



その映像を見たことで、参加者の方々は3月11日に引き戻されたことでしょう。
その状態で講師の坂下さんがなぜ「絆ジャパン」を立ち上げたのか、
なぜ福島県に特化したかたちでボランティアを続けているのか、
という成り立ち・きっかけの部分から、活動を通して知り合った方から聞いた
震災直後の現地の方の声を話してくださったのですが、
東北の方々の深い悲しみの中かにいながらも、
奥にある強さや優しさがあふれてくるような言葉の数々に、ここでも涙があふれていました。

参加者の皆さんの涙は、単純に悲しいからというだけの涙ではなく、
想像ではあるものの、思いの共感によるもの、被災地に寄りそった感情から流れたのではないのかな?
と私は感じました。


後半には、絆ジャパンが今まで行ったボランティア活動を写真を交えて
がれき撤去だけではなく、イベント補助、農業支援、救援物資仕分けなど
現地では、まだまだ様々なニーズがあること。
また、現地に行けなくても福島県産のものを購入することでも
支援になることを語ってくれた坂下さん。
c0153906_11574669.jpg


坂下さんは、講演会の時間をフルに使って
ボランティア活動、被災地への思いを熱く語り
参加者の皆さんの胸に届けてくださいました。

坂下さん、そして、参加者の皆さん、本当にありがとうございました。

※参加者の感想はコチラ!
[PR]
by yoshikawashakyo | 2012-11-02 13:58 | 報告 | Comments(0)

【参加者感想】 平成24年度ボランティア学習会

平成24年度ボランティア学習会(@吉川市中央公民館)
これから自分にできること ~優しい未来づくりを目指して~
に参加された方の熱い思いが入った感想を掲載しています。

一部ですが、是非ご覧ください。

More
[PR]
by yoshikawashakyo | 2012-11-02 13:57 | 報告 | Comments(0)

『視覚障がい者外出サポートボランティア養成講座』が終了しました

勢いのあるうちに連続投稿です



6月6日(水)、7日(木)の2日間連続で

平成24年度 視覚障がい者外出サポートボランティア養成講座

を開催し、無事、終了しました



6日は埼玉県総合リハビリテーションセンターから講師をお呼びして、

午前に視覚障害についての講義、

午後はガイドヘルプの基本姿勢と外出練習
を行いました001.gif



最初、参加者の皆さんは少し緊張気味のようでしたが、

参加者を巻き込みながらの、わかりやすい講義が展開されるに従って

表情も緩み、講師の例え話に笑いが起こるようになっていきました(*^ω^*)



見えないからといって、何もできないわけではない。
コップの場所がわかれば、自分で水を飲むこともできるし
椅子の場所がわかれば、自分で座ることができる。
その出来ることを取り上げてしまうように、
「過度なサービス」としてガイドする人がやってしまうのは、好ましくない。



頭では分かっていても、

ついつい「良かれ」と思ってしてしまいがちな行動に

「ちょっと待った!」と気づかせてくれる講義に

参加者の方々も、私も頷きの連発。



この講義で、視覚障がい者へのサポートは勿論、

ボランティア全てに通ずることであり、

ボランティアとは相手あってのこと。

相手とコミュニケーションを十分に取りながら

相手が助けてほしい部分をお手伝いする。
という基本を思い出させてくれたような気がしました001.gif



午後はいよいよ実技です!

最初は基本姿勢を教わったあと、公民館敷地内を練習として歩きました。

c0153906_16501248.jpg


c0153906_1651497.jpg


分かっている場所でも、アイマスクをするだけで

ずいぶん違う場所に来てしまったような・・・。



少しの不安を抱えながら、いよいよ外出です。

c0153906_16534782.jpg


最初は不安だった参加者の方も、

相手の方の声掛けや、誘導の仕方に次第に信頼を寄せ

歩きながら

「ここは日陰かしら?気温が違うのがわかるわ」
「今、おいしそうな匂いがしたけれど、お店の前を通ったの?」
「太陽が後ろから射しているのね」


と視覚以外の感覚から得られる情報を実感し、味わうことができていました001.gif

c0153906_16583772.jpg




実際に、アイマスクを付けて体験することで

どのような声掛け、誘導が安心できたかを

みなさん、きちんと把握されたようでした。



真剣に講義に取り組んでいらしたので

疲労感は相当なものだったと思います。

ゆっくり休んで、今後の活動につなげていただきたいなと思いました★
[PR]
by yoshikawashakyo | 2012-06-19 17:02 | 報告 | Comments(0)

平成24年度『手話講習会【入門課程】』はじまりました!

かなりお久しぶりです。
・・・・・・なんと7か月ぶりとなってしまいました008.gif



ブログは更新できていませんでしたが、

吉川市社会福祉協議会職員は元気に過ごしておりましたので
そこの部分ではご心配なさらないでください040.gif



気付けば新年度に入り、早3か月。

今年度こそは『マメな更新』を目標に
ブログ更新に励みたいと思います053.gif



・・・ということで、早速みなさまにご報告です056.gif



今年度の手話講習会【入門課程】が6月5日(火)から始まりました038.gif

現時点で2回、講義が終了しています。

参加者の皆さんは、個性豊かな方々で
手話表現も正比例してとても豊かです060.gif



講師も優しく、ゆっくりと丁寧に教えてくれるので

とても温かい雰囲気のなか、みなさん集中して
受講しています003.gif



この講習会を通して、

ボランティアとして活躍してくれる方が
出てくれたら、嬉しいなぁと思います001.gif



みなさん、全19回と長いですが
最後まで頑張ってくださいネ006.gif
[PR]
by yoshikawashakyo | 2012-06-19 15:55 | 報告 | Comments(0)