カテゴリ:ボランティア( 45 )

 

今年も「彩の国ボランティア体験プログラム」が     始まりま~す♪


毎年恒例の「彩の国ボランティア体験プログラム」の受付が
昨日、7月2日(月)から始まっていますemoticon-0102-bigsmile.gif



すでに、申し込みのお電話、メールなどをいただき
嬉しい限りですemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gif



ここで、「彩の国ボランティア体験プログラム」をご存じない方に

簡単に説明させていただきますと・・・・・・・

小学生のお子さんから大人の方まで
誰もが気軽にボランティア活動に参加できるきっかけづくりのために
実施するプログラムです♪♪♪


はじめてだし・・・緊張しちゃうし・・・という方。
それでイイんですっemoticon-0102-bigsmile.gif

はじめてのことは、だれでも緊張するものです。
私も相当な「緊張しい」なので気持ちはよ~~~~く分かりますemoticon-0144-nod.gif


で・も!

この);">「彩の国ボランティア体験プログラム」

はじめての人もたくさんいるし、
なによりも、貴重な体験ができますemoticon-0171-star.gif絶対っemoticon-0105-wink.gif

みなさんのご参加、お待ちしています★
[PR]

by yoshikawashakyo | 2012-07-03 12:20 | ボランティア | Comments(0)  

眩しい場所

 先日、障害児児童クラブ「さとっこクラブ」へ見学と引継のご挨拶に伺いました。
午前中に伺ったのですが春休み期間中ということもあり、ちょうど校庭で遊んでいる
お子さんたちにも会うことが出来ました。

「なんて眩しい場所なんだろう」

 これが私の「さとっこクラブ」への第一印象です。

 話しかけると満面の笑みで応えてくれたり、スタッフさんと楽しく過ごしているのが
全身から伝わってきました★
c0153906_13341987.jpg



 めいっぱいブランコをこいだりシーソーで遊ぶ姿、ゆったりと日向ぼっこをする姿を見るだけで、自然と笑顔になってしまう。

 そんな素敵な施設です。




 この日は、今年度から福祉の高校に進学する女の子が一人、ボランティア体験に来ていました。
迷いや困惑の表情はなく、的確にそして楽しそうに活動する姿を目にし、ただただ「凄いな~」
と感心するばかりでした。
c0153906_1344190.jpg

「福祉の学校に進みたいという
 意思を持っている子だし、も
 ともとのポテンシャルが高い
 から出来るのでは?」
と思われるかもしれません。

 その思いも正しいと思いますが、それだけではボランティア活動を「的確にそして楽しく」行うことはできないと私は考えています。


「オリエンテーションを行ってからの活動、そして活動中のフォロー体制を整えることによって
 ボランティアさんに楽しく活動していって欲しい」

 この様なスタッフさんたちのボランティア受入に対する思いを聞くことができ、
「なるほど。この思いがボランティアさんの楽しい活動を支えているんだな」と
納得してしまいました。

 そんなスタッフさん、ボランティアさんがいるからこそ、お子さんたちも楽しい雰囲気を感じ取り、
自然と笑顔があふれる『眩しい場所』になっているんだろうと思いました。
[PR]

by yoshikawashakyo | 2011-04-08 13:56 | ボランティア | Comments(0)  

バトンタッチ

 震災が発生してから、ブログでは主に震災や災害ボランティアに関する情報を発信
してきました。
 今後も引き続き、災害ボランティアに関する情報を発信していきたいと思っています。
しかし、被災地が広範囲であり、各県の災害ボランティアに関する情報は日々変化している
状況のため、各県の災害ボランティアセンターのホームページ等により被災地の情報を収集
していただきますようお願いします。


 ここからは、少し話題を変えます…。


 5年間、ボランティアコーディネーターとしてお仕事をさせていただいてきました私ですが、
4月1日から部署の異動によりボランティアセンターの担当を離れることになりました。
 ボラセンを担当させていただいている間、たくさんの人々と出会い、多くの学びをいただき、
「出会い」のすばらしさを感じながら過ごした5年間でした。
育ててくださった地域のみなさん、ボランティアさん、本当にありがとうございました。
 
 3月11日の震災から、毎日が慌ただしく過ぎていき…あっという間に新年度を迎えて
しまいました。
 今頃になってなんとも表現できないさみしさを感じていますが、これまで出会った方々との
接点を大切にしながら、ボラセンで学んだことを今後もしっかりと活かしていけるよう
がんばります。
これからもどうぞよろしくお願いします。

 では、ここからは後任のコーディネーターにバトンタッチします。
 私よりも若くて、やる気たっぷりです(笑)
これまで同様、ボランティアセンターを応援いただければうれしいです。




 吉川市の皆様、はじめまして!
 4月1日から吉川市ボランティアセンターで勤務している浦東です。

 「なんて読むの?」そんな声が聞こえてくる気がします(笑)
読みは「うらひがし」とそのまま読んでいただいて結構ですemoticon-0100-smile.gif
浦「上」から浦「東」へ・・・少々ややこしいでしょうか?

 なかなか読み辛い名前ですが、少しでも早く皆様に名前を覚えて頂けるよう
全力で取り組んで参ります。
 自ら学び、前任の浦上が築いてきたものを壊すことなく
地域の皆様に貢献できるよう努めますので、宜しくお願い致します。
[PR]

by yoshikawashakyo | 2011-04-08 13:28 | ボランティア | Comments(0)  

災害ボランティアセンター設置・ボランティア受入状況

 震災から、まもなく1ヵ月が過ぎようとしています。

 被災地では、今もなお行方がわからない方の捜索活動が行われており、深刻な状況は続いて
います。
 先遣隊として現地に入った人からは、まだ本格的に復興作業に入れない多くの課題があること、
災害ボランティアセンターを運営する側に被災された方も多く、運営を軌道に乗せるまではある
程度の時間が必要…などの情報が届いています。

 そんな状況の中、被災地の所々で災害ボランティアセンターが徐々に開設されています。
宮城県内では県外からのボランティア受け入れをスタートさせた所もあります。
しかし、現時点では、県外や市外、町外からのボランティア受け入れを遠慮しているところが
ほとんどです。
 テレビや新聞などでは、「人手不足なのになぜボランティアを受け入れないのか」などと
報道されたりしていますが、「なぜ」の理由はたくさんあるのです。

被災地でボランティア活動をしたい!とお考えの方に改めてお願いです。
これまでも、このブログや「ぼらんてぃあだより」等で何度もお伝えしてきましたが、
どうか『想像力』を働かせて、丁寧な『情報収集』のうえ、行動いただければと思います。

 なお、県外からのボランティアの受け入れを始めたボランティアセンターでも、原則として、
移動手段・食事・宿泊等について、自分で準備ができる方に限っています。
自宅を出発→被災地での活動→自宅に帰るまでの身の回りのことを「自己完結」できる方という
ことになります。

宮城県内の災害ボランティアセンター設置状況(ボランティア受け入れ状況)については、
宮城県災害ボランティアセンターからご確認ください。
[PR]

by yoshikawashakyo | 2011-04-07 17:07 | ボランティア | Comments(0)  

災害ボランティアセンター設置・ボランティア受入状況

■徐々に、県外・市外からのボランティアの受入がはじまっていますが、緊急救援活動が
 最優先であるとともに、余震等に備えた安全の確保、さらには道路等交通網の寸断、
 燃料・物資不足等の事情から、多くのセンターではボランティアの受け入れについては
 準備段階にあります。
 
基本的に交通・宿泊・食事など自分で
 手配しての参加が条件
です。

災害ボランティアセンターによって受入の条件、活動内容やルールが
 異なりますので、よく確認してからお問合せください。




★「東日本大震災支援全国ネットワーク」のウェブサイトに災害ボランティアセンターの
 一覧があります。

 各地の詳細情報は「東日本大震災支援全国ネットワーク」からご確認ください。

 
[PR]

by yoshikawashakyo | 2011-03-29 16:54 | ボランティア | Comments(0)  

さいたまスーパーアリーナでのボランティアについて

 埼玉県社会福祉協議会より、さいたまスーパーアリーナでのボランティア情報が更新されました
のでお知らせします。


以下、埼玉県社会福祉協議会ウェブサイトより

★3月25日(金)8時55分現在
 本日のさいたまスーパーアリーナでのボランティア受付は終了しました。
 ご協力ありがとうございます。


★3月24日(木)14時30分現在
 本日から、さいたまスーパーアリーナで必要なボランティアの人数(見込)をお示しします。

●さいたまスーパーアリーナボランティア数(見込)●
  3月25日(金) 100人 ※受付終了しました(8時55分)
  3月26日(土) 100人
  3月27日(日) 100人

 これまで公募はしませんでしたが、さいたまスーパーアリーナには延べ4,000人がボランティア
希望で訪れてくださいました。
 しかし、現在のところ1日100人程度の協力があれば、避難してきた方々の支援は実施できる
状況になっています。

 したがって、受付開始直後に受入れを辞退させていただくことが十分考えられますので、ご了承
ください。

■ご注意■
①長時間できる方を希望します。
②ボランティア受付開始は8時30分の予定ですので、直接会場にお越しください。
③待機場所で長時間お待ちいただく場合があります。
④活動場所によっては、開始・終了の時間が異なります。
⑤活動内容については、現地で指示を受けてください。
⑥食事・雨具(レインコート)・防寒具については各自でご準備ください。
⑦貴重品は各自で管理してください。
⑧その日の状況によっては、お願いする活動がない場合もありますので、ご了承ください。



■物資は受け付けていません■
さいたまスーバーアリーナでは、物資を受け付けておりません。
物資は、現在以下の行政機関で受け付けています。
  ↓
http://www.fukushi-saitama.or.jp/saitama03/volunteer/exec/item/browse/36/478/
[PR]

by yoshikawashakyo | 2011-03-25 09:20 | ボランティア | Comments(0)  

被災地の災害ボランティアセンターの状況について

東北、関東各県内の災害ボランティアセンターの状況をお知らせします。
各県や、各県社会福祉協議会、市町村社会福祉協議会のウェブサイトでご確認ください。
(※電話での問い合わせは、大事な回線を塞ぐことになりますのでおやめください。)
なお、埼玉県外に設置している災害ボランティアセンターのほとんどが、県外からのボランティア
受け入れを行っておりません。

救助活動や物資輸送等を最優先させるため、また被災された方々のプライバシーを大切にするため
等の理由があげられます。

多くのボランティアが駆け付けることで、道路の混雑、水の使用増加等、二次災害を招いてしまう
可能性も充分にあります。

どうか、被災地・災害にあわれた方々の気持ちを想像し、正しい情報を収集(テレビ、新聞等の各種
メディアやツイッター等では必ずしも正しい情報が流れているとは限りません)し、じっくり考えて
行動されますようお願いします。

今後、県外のみなさんの力を発揮していただける日がくると思います。
そのときが来るまで、できることをしながら、力をためて、復興を祈りましょう。

以下、各県内の状況です ↓↓↓

関東【埼玉県】3/24現在 
埼玉県社協が募集している情報は→ http://www.fukushi-saitama.or.jp/saitama03/volunteer/exec/item/browse/36/480/l        
※さいたまスーパーアリーナでのボランティア及び物資の募集はしていません。


【茨城県】3/22現在 県内21カ所に設置 
(常総市 つくば市 鉾田市 水戸市 小美玉市 潮来市 東海村 笠間市 那珂市 石岡市 日立市 行方市
常陸大宮市 ひたちなか市 鹿嶋市 大洗町 北茨城市 牛久市 高萩市 城里町 常陸太田市)
詳細は、茨城県社協ウェブサイトの【H23東北地方太平洋沖地震に関する情報】
http://www.ibaraki-welfare.or.jp/index.php
※現在、各市町内の方のみでボランティア募集中


【千葉県】3/16現在 県内3カ所に設置 (浦安市 旭市 我孫子市)
千葉県災害ボランティアセンター開設(情報提供・相談窓口のみ)
詳細は千葉県社協ウェブサイトの【H23東北地方太平洋沖地震の対応について】
詳細は→ http://www.chibakenshakyo.com/
※現在、県内の方のみでボランティア募集中



【栃木県】3/23現在 県内3カ所に設置 (大田原市 宇都宮市 那須烏山市)
詳細は→ http://blog.canpan.info/t-shakyo/ 
※現在、県内の方のみでボランティア募集中


東北【宮城県】3/23現在 県内15ヵ所に設置 
(仙台市若林区・宮城野区・太白区※・青葉区 石巻市 七ヶ浜町※ 塩釜市 柴田町※名取市 大崎市
※ 亘理町※ 美里町 東松島市※ 利府町※ 松島市)
※の災害ボランティアセンターは、市町内の方を対象とした募集となっています。
詳細は→ http://www.msv3151.net/index.html
※現在、自力で移動手段や食糧、宿泊を確保できる方のみボランティア募集中



【岩手県】3/23現在  県内10カ所に設置 
(遠野市 大船渡市 花巻市 久慈市 釜石市 宮古市 岩泉町)
※募集が始まっていない災害ボランティアセンター→陸前高田市 奥州市 住田町        
詳細は→ http://www.iwate-shakyo.or.jp/
※現在、現地まで通える各市内の方のみでボランティア募集中



【福島県】3/23現在  県内24カ所に設置 
(田村市 白河市 会津若松市 喜多方市 西会津市 磐梯町 猪苗代町 下郷町 相馬市 
いわき市 福島市 伊達市 二本松市 本宮市 国見町 桑折町 大玉村 郡山市 須賀川市 
小野町 鏡石町 玉川村 平田村 昭和村 )
詳細は→ http://ameblo.jp/pref-f-svc/
※現在、各市町村内の方のみでボランティア募集中
         


【青森県】3/16現在 県内2カ所に設置(八戸市 三沢市)
詳細は→ http://www.pref.aomori.lg.jp/life/volunteer/volunteer-jyouhou-center.html
※現在、県内の方のみボランティア募集中

[PR]

by yoshikawashakyo | 2011-03-24 10:43 | ボランティア | Comments(0)  

災害ボランティア、行動する前に確認してほしいこと★

emoticon-0171-star.gif災害ボランティアに関するボランティアの心得

 1 まず最初に現地の最新情報を調べましょう!   
   被災地の現状だけでなく、今後の見通しも確認する上でも「インターネット」などを活用し、
   最新情報を確認しましょう。
   最新の情報については
全国社会福祉協議会 福祉救援・災害ボランティア情報などでご確認
   ください。詳しくは
http://blog.goo.ne.jp/vc00000/  

 2 ボランティア活動に必要な装備・物資は各自で用意しましょう! 
   移動手段、宿泊場所、食事・水分などは、極力各自で用意するようにしましょう。
   被災地によっては、水道や宿泊施設が確保されていない場合が多く想定されます。


 3 ボランティア活動保険に加入しましょう!
   現地までの移動中のケガや活動中のケガや事故などに備えるために、ボランティア活動
   保険の「天災タイプ」に加入しましょう!
   できるだけ、出発前に地元の社会福祉協議会で加入し、移動中の不測の事態によるケガ
   にも備えましょう。 
   (ボランティア活動保険について詳しくは吉川市ボランティアセンターまで)
    
   ※3月14日現在、保険加入について特例措置があり、加入後、直ぐに補償が適用されます。
    また既に加入している方でも、「天災タイプ」に改めて加入されることをお勧めします。
    ボランティア活動保険の補償は「平成22年度」分が3月31日まで有効となります。
    4月以降の保険・補償については「平成23年度」分を、改めてお申込み頂く必要がありま
    す。ご注意ください。

[PR]

by yoshikawashakyo | 2011-03-24 10:03 | ボランティア | Comments(0)  

東北関東大震災にかかるボランティア情報 2

 被災地へボランティアに行きたい!、情報がほしい!という方、埼玉県社協さんが
メールにて情報提供してくださるそうです。

 以下、埼玉県ボランティア・市民活動センター 発信の情報です↓↓↓


 ボランティアの登録をしていただいた皆様に、被災地や埼玉県に避難されてきた方々への
ボランティア募集等の情報をお知らせしていきます。

【ご注意ください】
 この登録は、情報提供を目的とするものであって、被災地等でのボランティア活動を
斡旋するものではありません。

1.Eメールによる送信内容
  入力フォームは作成中です。現時点では以下の項目をメールにて送信してください。

(1)送信時の表題
  (他のメールとの分類をするため、以下のとおりとしてください。)

  「東北関東大震災ボランティア情報提供希望」

(2)メールにて提供いただく内容
 ①氏     名
 ②ふ り が な
 ③住     所(○○県○○市 ※市町村までの記載)
 ④メールアドレス
 ⑤電 話 番 号
 ⑥活動先の希望 (以下の ア~イ の内、ひとつを選択してください) 
   ア.県内のみ  イ.県外のみ  ウ.県内・県外両方

(3)送信先
  saivc@fukushi-saitama.or.jp

2.ボランティア情報の発信 
  必要とされるボランティア情報が入りしだい、その内容を随時メール送信します。

3.問合せ先
  埼玉県ボランティア・市民活動センター   
  さいたま市浦和区針ヶ谷4-2-65(彩の国すこやかプラザ内)
  電話 048-822-1435 ファックス 048-822-1449
  時間 午前 8:30~午後 5:15

4.ボランティア活動の心得 (ボランティア活動前に必ずお読みください。)
  宮城県災害ボランティアセンター ホームページより
[PR]

by yoshikawashakyo | 2011-03-18 17:52 | ボランティア | Comments(0)  

救援物資の受付について 【埼玉県】

 東北関東大震災による被災地に対しての救援物資の受付について
【個人提供者のみなさまへ】

 
 埼玉県では以下のとおり受付を開始しました。

1 対象となる救援物資
次に記載するもの(未使用品)に限ります。それ以外の物はお引き受けできません。
必ず品目ごとに仕分けし、箱単位でお願いします。

(1)食料(生もの、賞味期限の短いものを除く)

(2)水(ペットボトル:500ミリリットル・1リットル・2リットル)

(3)毛布

(4)子ども用おむつ

(5)大人用おむつ

 ※救援物資の支援先については、こちらにお任せ願います。ご了承ください。

2 受付期間等

 平成23年3月18日(金)から当分の間(土日、祝日も受け付けています)
 午前9時~午後4時まで


3 搬入場所
 以下のどちらかの場所に、直接お持ち込みください。 
 郵便等ではお引き受けできません。


(1)県中央防災基地
  川島町上狢111-1
  電話 049-297-7416

(2)熊谷スポーツ文化公園管理事務所
  熊谷市上川上300 くまがやドーム内
  電話 048-526-2004

4 問い合わせ先

 埼玉県防災対策本部(救援物資担当)
 電話 048-830-8281(直通)
 FAX 048-830-4779

 emoticon-0171-star.gif参考までに物資の仕分け方法について添付します。
 思いやりのある寄付の仕方にご協力ください。
 c0153906_16342239.jpg
 
[PR]

by yoshikawashakyo | 2011-03-18 13:11 | ボランティア | Comments(0)