「ほっ」と。キャンペーン

地域との共催事業「ミニ健康まつり」開催しました★

 気づけばもう11月。
今年も残すところ2ヶ月弱となりました。
歳を重ねるたび、年月が過ぎゆく早さを実感しております。
私たちが主に関わる年代の皆様も同様に感じていらっしゃるのでしょうか…。

 さて、去る10月26日(水)10時~15時、吉川団地自治会さんと共催で
「ミニ健康まつり」を開催しました。
 定期的に行う地域ケア会議で提案されたアイデアを一緒にカタチにするという
私たち包括職員にとって、とてもワクワクする取り組みですemoticon-0155-flower.gif
今年は、昨年に続き第2回目。
昨年は50人強の住民参加者でしたが、今年は倍の約100人の参加があり、
大盛況でしたemoticon-0137-clapping.gif

 団地自治会の役員さん、住民ボランティア、埼玉県立大学の医師や薬剤師の先生方、
そうごう薬局の薬剤師さん方などのご協力により、協働により実現できた事業です。
c0153906_147718.jpg

【医師・薬剤師による健康相談】
c0153906_1491540.jpg

【血管年齢測定と相談】
c0153906_14115863.jpg

【お昼は手作りカレーをみんなでいただきました】
c0153906_1420156.jpg

【認知症のことを学ぶ時間。セルフチェックもやってみました。】
c0153906_14224542.jpg

【最後は脳トレ&ゆるゆる体操で全身ほぐし】
c0153906_14263836.jpg


 健康相談や血管年齢、体組成計、酸素濃度などの測定、尿検査、体力測定など
盛りだくさんなメニューで、住民が自分や身近な人の健康について考えるきっかけを
つくることができたと思います。
なにより、住民のみなさんと思いを共有し、一緒に創り上げることができるって
うれしいことですemoticon-0152-heart.gif

 他の地域でも、地域の特徴や課題を活かした独自の取り組みをできるといいなemoticon-0171-star.gif
[PR]

by yoshikawashakyo | 2016-11-05 14:38 | 包括支援センター | Comments(0)  

『今こそ おつき合い革命!』を... >>