災害対応自動販売機設置

 吉川市との間で災害協定を締結した㈱伊藤園様の災害用自動販売機を老人センター、
おあしす、中央公民館に各1台ずつ設置しました。
 社協では、吉川市内の公共施設に自動販売機を設置し、その売上金をもって様々な
福祉事業の活動資金に充てています。

 では、災害対応自動販売機とは一体どういうものなのでしょうか?

 地震などの災害発生時に、無料で飲料を提供することのできる地域社会貢献型の
機種です。
 災害発生時には市に設置される災害対策本部や社会福祉協議会の指示のもと、
飲料が無料開放されることになります。
 更に停電時においても、手回しによる自家発電で電気をつくり、商品を無料で
取り出せる機能を持っています。
c0153906_17090907.jpg


c0153906_13324347.jpg
        このマークが目印。

c0153906_13333207.jpg

        いざという時にはこのオレンジ色のカバーを外して使います。

 いざという時には私たちの頼もしい味方になってくれると思います。

 備えあれば憂いなし、と言いますが、できればこれらの自動販売機が活躍する日が
来なければいいですね。


[PR]

by yoshikawashakyo | 2015-09-11 17:35 | 報告 | Comments(0)  

<< 第18回敬老の日絵画コンクール... こんな事業で地域を訪問していま... >>