小鹿野町での雪かきボランティア

 観測史上最高の降雪量となった2月15日。
関東地方でも多くの集落が孤立状態となり、生活に大きな影響を与えました。
 
 関東甲信地方にこんなにたくさん雪が降るなんて…
埼玉県内でも、建物や農作物は多額の被害となってしまいました。
ガレージやビニールハウスの損壊が特に多く胸が痛みます…

 23日(日)、本来は越谷市・草加市・三郷市・八潮市・吉川市・松伏町(5市1町)
合同の災害ボランティアセンターの立ち上げ訓練を実施予定でした。
しかし、秩父市、小鹿野町、横瀬町に大雪による災害ボランティアセンターが立ち上がった
ことで、県内の社協職員が応援に入るため、訓練は延期となりました。

 そこで、有志でボランティアに伺うことになり、活動先の小鹿野町へ。
 災害ボランティアセンターに到着後、活動先まで車を走らせること30分。
山道を進むにつれ、残雪量の多さに唖然とし、新潟県内より支援に入っている除雪のプロが
除雪車を走らせている光景に驚きながら、依頼先の高齢者世帯に到着。
c0153906_10342060.jpg

c0153906_10323384.jpg


 デイサービスの送迎車に乗れるよう、また、車の出入りができるよう長い私道の雪かきを
お手伝いさせていただきました。
c0153906_10354386.jpg

c0153906_103665.jpg


 水分が多く、重たい雪。
しかも、2週続けての降雪で2層になった雪の下はガチガチに凍っていました。

 活動先のお母さんのホッとした笑顔。
筋肉痛はこの笑顔でチャラemoticon-0115-inlove.gif

 「できるときにできること」これからも続けていきたいですemoticon-0155-flower.gif
 
[PR]

by yoshikawashakyo | 2014-02-28 10:43 | 社協日記 | Comments(0)  

<< 『大雪の日のちょっといい話』 ... 遊びの先生 >>