【参加者感想】 平成24年度ボランティア学習会

平成24年度ボランティア学習会(@吉川市中央公民館)
これから自分にできること ~優しい未来づくりを目指して~
に参加された方の熱い思いが入った感想を掲載しています。

一部ですが、是非ご覧ください。



現地の方(12歳の子)の話、または子どもをもつお母さんの話を聞いて、
 あらためてこの震災について知れて良かったです。
 そして、たくさんの過去を知りました。でも、未来は変えられますよね?
 だから、私もボランティアになるべく参加したいと思います。

東北の現状、改めて心が痛みます。その現状とボランティア活動の大切さ、
 実行する熱い想い、聞かせていただきありがとうございました。

どんなボランティアをおこなっているか分かりました。
 地道なことも大切な作業なんだと分かりました。

感動した!本当に感動した!
 福島に特化したボランティアをずっと継続されていることが素晴らしいと思いました。

普通にテレビを見ていて、こんなに福島、東北について熱く語ってくださる方は
 いらっしゃらない、そういう番組はないと思います。
 こうして、足を運び、実際に活動されている方のお話を聞けて良かったと思います。
 農業や民営レストランなど、いろんな活動をしていて面白いと思った。

何度も何度も同じ話を聞いて、何度も何度も涙をこらえる。
 我々には涙を流せば時は通り過ぎていくけど、現地の人にとっては
 決して戻らない時間なんですよね。
 自分に何ができるか分からないけど、分からないから現地に行って活動する、
 そんな中で自分にできることを探したい。
 今の自分に余力と時間があるから・・・あるうちに何かをやっていきたい。

あらためて、東日本大震災のことを忘れてはならない、忘れないと思った。
 被災者の方々のお気持ちを思い、自分のできること考えていきたいと思った。
 今回参加できたことを感謝します。

私もボランティア活動しておりましたが、最近仕事も忙しく行けていません。(宮城県)
 ボランティア先も福島となると命がけイメージでした。正直福島へ行くことには懸念があります。
 遺体洗浄やいろいろなボランティアのお話を伺い、まだまだ私は人間が甘いと感じました。
 またいつかボランティア活動を始めたいと思います。

自衛隊の方々と5歳の男の子、母親とのやりとり。
 お話を聞かせていただき、涙がこぼれました。
 自衛隊の方の優しさ、心遣い、お母さんの子を思う心、心にしみます。
 笑顔って大事ですね。東北の子ども達の笑顔が救われますね。
 子どもの力は計り知れなく大きい!!
[PR]

by yoshikawashakyo | 2012-11-02 13:57 | 報告 | Comments(0)  

<< 【無事終了しました】これから自... 【講座開催】一緒に太陽光発電を... >>