地域との共催事業「ミニ健康まつり」開催しました★

 気づけばもう11月。
今年も残すところ2ヶ月弱となりました。
歳を重ねるたび、年月が過ぎゆく早さを実感しております。
私たちが主に関わる年代の皆様も同様に感じていらっしゃるのでしょうか…。

 さて、去る10月26日(水)10時~15時、吉川団地自治会さんと共催で
「ミニ健康まつり」を開催しました。
 定期的に行う地域ケア会議で提案されたアイデアを一緒にカタチにするという
私たち包括職員にとって、とてもワクワクする取り組みですemoticon-0155-flower.gif
今年は、昨年に続き第2回目。
昨年は50人強の住民参加者でしたが、今年は倍の約100人の参加があり、
大盛況でしたemoticon-0137-clapping.gif

 団地自治会の役員さん、住民ボランティア、埼玉県立大学の医師や薬剤師の先生方、
そうごう薬局の薬剤師さん方などのご協力により、協働により実現できた事業です。
c0153906_147718.jpg

【医師・薬剤師による健康相談】
c0153906_1491540.jpg

【血管年齢測定と相談】
c0153906_14115863.jpg

【お昼は手作りカレーをみんなでいただきました】
c0153906_1420156.jpg

【認知症のことを学ぶ時間。セルフチェックもやってみました。】
c0153906_14224542.jpg

【最後は脳トレ&ゆるゆる体操で全身ほぐし】
c0153906_14263836.jpg


 健康相談や血管年齢、体組成計、酸素濃度などの測定、尿検査、体力測定など
盛りだくさんなメニューで、住民が自分や身近な人の健康について考えるきっかけを
つくることができたと思います。
なにより、住民のみなさんと思いを共有し、一緒に創り上げることができるって
うれしいことですemoticon-0152-heart.gif

 他の地域でも、地域の特徴や課題を活かした独自の取り組みをできるといいなemoticon-0171-star.gif
[PR]

# by yoshikawashakyo | 2016-11-05 14:38 | 包括支援センター | Comments(0)  

『今こそ おつき合い革命!』を開催しました

9月4日(日)、住民流福祉総合研究所 所長の木原孝久氏を講師としてお迎えして、
『今こそ おつき合い革命!』を開催しました。

“ボランティア学習会”と“地域支援担い手養成研修(第1回目)”のコラボ講座ですemoticon-0105-wink.gif

これからの地域を牽引していく、頼もしい106人の方々に参加いただけました(*^_^*)

c0153906_1115471.jpg


『おつき合い革命』・・・。
革命とは一体どういうことなのだろう?今までのご近所付き合いではダメってこと?
そんな疑問の声が聞こえてきそうですね。

日本人は、「困っている人がいたら助けたい」という方がとても多いです。
しかし、昔から「他人に迷惑をかけないように」と言われていることもあり、
自分が困った状況になったとき、自ら「SOS!」「助けて!」「困ってるの」言える人は、
少ないのではないでしょうか。

また、お節介するのはよくないという風潮があるために、
「助けて」と言われてないのに手を出すのは・・・と遠慮してしまう方も
一定数いるように見受けられます。

そんな「THE日本人」に木原先生はメスを入れ、全国の事例を挙げながら、
楽しく分かりやすく、今後のご近所付き合いをどうしていったら良いのか、
私たちが主役の『住民流地域福祉』をどう作っていったら良いのかをお話しくださいました。

c0153906_1244767.jpg


最初は、「おつき合い上手テスト」から始まり、現在の考え方や意識を
○×形式で浮き彫りにしていきます。
このテストは、木原先生の所属である住民流福祉総合研究所にアップされていますので、
是非、ご覧になってください。

参加者の方からは、
◆今までの助け合い・おつき合いの「問題」「理由」がよく分かりました。
 常識が助け合いを邪魔していたと気づかされました。
 助ける側と助けられる側、両方の意識改革が必要ですね。
◆先生のお話を聞いて、近所付き合いの革命を思いついたので、実行に移したい!
◆家族に認知症の者がいるが、周り(近所)には「なんとなく知っているだろう」で
 はっきり言っていなかったが、今回の話を聞いて、きちんと周りには
 認知症の家族がいると言っておこうと思った。
 「助けて!」の時のために。
などの感想を多くいただきました。

この講演で得たことを活かして、パワーアップした住民力で
誰もが住みやすい吉川を創っていっていただきたいと思いました(*´▽`*)


今回のコラボ企画。ボランティア学習会は単発講座ですが、
地域支援担い手養成研修は、全7回の連続講座です。
研修の申し込みは、うれしいことに定員を大幅に超える申し込みがあったため、受付終了していますが、
第6回目は、今回と同様に公開講座となっており、現在参加者募集中です♥

落語家の桂ひな太郎師匠をお迎えして、『落語で知ろう成年後見制度』を、
弁護士の小澤裕也氏には『成年後見制度の概要』をお話しいただきます。

みなさまからの申し込み、お待ちしておりますemoticon-0171-star.gif
是非、下記申込先へご連絡ください!

【申込先】
吉川市社会福祉協議会
☎048-981-8750
FAX 048-981-8719

[PR]

# by yoshikawashakyo | 2016-09-15 13:28 | 報告 | Comments(0)  

オレンジカフェ 定期的に開催しています。

 オレンジカフェemoticon-0162-coffee.gifは、認知症への理解を深め、認知症になっても
本人やそのご家族が安心して暮らせる地域作りを目的に開催しています。

 認知症の方や家族、地域住民、ケアマネジャー等の専門職など、
どなたでも参加でき、おしゃべりをしたり、笑いあったり、
元気を交換する場です。
参加費は無料、申し込みは不要。時間内の出入りも自由です。
c0153906_15022472.jpg












 
 

 次回は8月27日(土)おあしす 2階 フィットネスルームにて開催します。
エレクトーンによる演奏や歌など楽しめる企画も用意してお待ちしています。
お友達やご近所さんをお誘いのうえ、気軽にふらっとお立ち寄りくださ~いemoticon-0111-blush.gif


[PR]

# by yoshikawashakyo | 2016-06-11 15:00 | 包括支援センター | Comments(0)  

子育て講座「集まれ!赤ちゃん!」

埼玉県社会福祉協議会主催の子育て講座を開催しますので、ご案内させていただきます。

参加費無料となりますので、ふるってご応募ください!
※応募者多数の場合は抽選になります。

c0153906_15431918.jpg

[PR]

# by yoshikawashakyo | 2016-05-30 16:08 | 講座・研修情報 | Comments(0)  

さいしん福祉財団 介護者リフレッシュ旅行を実施しました!

5月も終わりに近づいてきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

5月18日(水)、19日(木)さいしん福祉財団主催にて越谷、松伏、吉川の3社協協力による1泊2日の「介護者リフレッシュ旅行」を実施しました。
前回の介護者リフレッシュ旅行は日帰りでしたが、今回は新潟県新発田市の月岡温泉への、1泊2日の宿泊旅行となりました。

1日目は世界のガラス館、阿賀野川ライン下り、介護講座と内容盛りだくさんでしたが、参加者の皆様非常に楽しそうにしておられました。
介護講座では、テーブル毎にグループを分け、日ごろの悩みや介護生活で大変なこと、その中でも嬉しいときなど、皆様で共感しあっていて、我々職員としても非常に有意義な時間であったと思います。
温泉で日ごろの疲れを存分に癒し、1日目は終了となりました。

2日目はしろね大凧と歴史の館を巡り、寺泊にて地元海産物盛りだくさんの昼食をとり、一路帰宅となりました。

初対面だった参加者の皆様も、最後には別れを惜しむくらいになっていて、旅行の充実を物語っていました。

写真は、世界のガラス館のレストラン、ライン下り乗船口、介護講座、しろね大凧と歴史の館、寺泊での昼食になります。



c0153906_1522753.jpg c0153906_15103290.jpg
c0153906_1734562.jpg

c0153906_1741938.jpg
c0153906_1754899.jpg

[PR]

# by yoshikawashakyo | 2016-05-26 16:47 | 報告 | Comments(0)